記事一覧

いまこそ内閣不信任案を

2月23日(月)
 昨日、市民フォーラムを開きました。今日の新聞を見ると麻生内閣の支持率がまたまた下がり、11%から12%、不支持率も日経新聞では80%に達しました。繰り返しになりますが、国民は完全に麻生政権を見放しています。
 それでも麻生さんは、またオバマ大統領に会いに米国に旅立ちました。恥の上塗りこの上なしです。さすがに自民党内でも麻生から次の総理に首を挿げ替える動きが出てきています。しかし、自分で選んだ責任も明らかにしないままに次を選ぶなど許されるものではありません。
 一部マスコミでは、次は誰かと面白おかしく書いていますが、これほど国民をバカにした話はありません。大事なことは世論調査でも明らかなように、すぐに国民の審判を仰ぐことです。
 そのために、私は昨日のフォーラムでも言ったのですが、民主党が内閣不信任案を出すべきだと思います。問責決議案を出しても、可決できるだけで、どれだけの効果があるか未知数です。しかし、不信任案を出せば、自民党で麻生降ろしに走っている人間が、果たしてどういう態度をとるのか、踏み絵を踏ませることができます。
 もし反対をすれば、麻生内閣を信任したことになり、麻生降ろしなど言えなくなります。いかに、彼らがいい加減なことを言っていたのかを満天下に明らかにすることができます。また、あまり考えられませんが、万が一にも自民党から同調者がでてくれば、自民党内からも麻生さんは見放されたということが明らかになります。瓢箪から駒で、可決されれば、即総選挙となります。
 是非、不信任案をだしてくれと、今日国対委員長に連絡しておきました。また、小沢代表にも連絡をとっておきました。動かなくなってしまった政局に、一石を投ずることになるのは間違いありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー