記事一覧

あらゆる事象が、もう麻生政権は終わりだといっている

2月16日(月)
 政権末期にはいろいろあるといっても、いくらなんでも中川さんのあの記者会見はないでしょうというのが、国民の偽らざる感想でしょう。中川さんは私が在職中にも大臣席で赤い顔をして居眠りをして「また二日酔いか」と批判を浴びていた人ですから、特に驚きはしませんが、国際会議で外国人記者がたくさんいる前で醜態を晒したということになると、やはり責任をとってもらうしかありません。
 といっても責任をとらせる側の総理の支持率がついに10%を切ってしまっているのでは、責任をとらせようもありません。ついに、いくところまで行ってしまったというのがいまの自民党ではないでしょうか。
 麻生さんは本予算が成立したら、景気が悪化しているから更に補正予算を組むと言い出しているようです。景気が悪くなったのを受けて、今年度予算に対して一度、補正予算を出すというのは理解できます。しかし、その後に二次補正を出し、本予算を出し、さらに本予算を審議している最中に、さらに補正の論議をするというのは、論外です。
 予算を修正するということは、政府の景気見通し、景気対策が三回も間違っていたということを認めたことに他なりません。その政府がまた補正を出しても、また見通しが間違い、あてはずれな景気対策になることは火をみるよりも明らかです。
 しかも、国民に信頼されている政府なら、たとえ方向が少し違っていても効果があるかもしれませんが、国民に見放されている政府が、どんな手を打っても効果がでるはずもありません。
あらゆる事象が、もういまの政権ではダメだということを示しています。いくら政府寄りのマスコミでも、もう麻生政権を見放すでしょう。麻生さんにこれから先も、政府を任せておくということは、日本を見放すことに等しいと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー