記事一覧

政治の劣化

2月9日(月)
 昨日、「新春の集い」を行いました。昨年は大雪の中での開催でしたが、今年は天候に恵まれたくさんの方に集まってもらいました。
 今年のゲストスピーカーは、予算委員会での鋭い質問で有名な石井一副代表でした。吹雪の新潟で街頭演説をした後、新幹線で駆けつけてくれたということで、迫力のあるお話をして頂きました。その後、1時間半ほど懇親会を開きました。
 集まった方からもっとも多く出た発言は、「一体何時になったら選挙になるんだろう」というものでした。地元廻りをしていても、あまりに選挙が引き伸ばされているので、イライラと同時に政治に対するいっそうの諦めもでてきてしまっています。鉄はやはり熱いうちに打たなければなりません。民主党も攻めあぐんでいるという批判が、でてくるのもやむをえないと思います。
 それにしても、麻生さんが今頃になって、「実は私は郵政民営化に反対だった」と言われても、多くの人が戸惑うとともに、困ってしまうのではないでしょうか。総理が平気で国民を騙したということですから、これから先も、麻生さんが何を発言しても信じることができません。これで政治が成り立つと思っているのでしょうか。
 昨日、石井さんも言っていましたが、いまほど「政治が劣化している」時代はないと思います。この不景気で政治が果たす役割が大きいときに、自民党の劣化と共に政治が劣化しているのでは、国民が疲弊してしまいます。解決策は選挙しかないのですが。

ファイル 210-1.jpg ファイル 210-2.jpg

ファイル 210-3.jpg ファイル 210-4.jpg

ファイル 210-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー