記事一覧

労働力はモノではない

2月6日(金)
 先日、松戸の駅で街頭演説をしているとき、市内の河原塚中学校の生徒さんたちが署名集めをしていました。寒い中をたくさんの中学生が熱心に署名を集めていたので、なんの署名なのかと聞いたところ「同級生の両親がこのままいくとフィリッピンに帰されてしまう、それをなんとかしたい」ということでした。
 経過は次のようなものです。この同級生の両親は十数年前に日本に入国し、そのまま不法滞在という形で日本で仕事を続け、その間に二人の子どもが産まれた。数年前に入管から呼び出しがあり、不法滞在だから帰国するように要請された。子どもたちは日本で生まれ日本語しかしゃべることができない。両親もフィリッピンに帰っても仕事のあてもない、何とかこのまま日本に住み続けたいと要望しているとのことです。
 法的には不法滞在ですから、強制退去に抵抗はできません。法務大臣の特例措置として子どものために滞在を認めてほしいと要望することしか両親にはできません。日本で両親はまじめに働き、不法滞在ですが、一度も法を犯してはいません。
 この問題をどう解決するか。ヒントはお隣の韓国にあると思います。韓国では数年前に不法滞在の労働者に対して、韓国居住を希望する人に対しては、永住許可を与えました。人手不足ということもあったのでしょうが、適切な措置だと思います。日本でもまじめに働いている不法滞在者に対しては、こうした措置をとってもいいのではないでしょうか。
 このまま両親が強制送還されれば、確実にこの家族は崩壊してしまいます。それが分かっていても、法は法だからといってやるのは司法です。しかし、政治は違います。何とか人間を救うという面から処置するべきだと私は考えます。似たようなケースが日本中にたくさんあるということです。日本ではまだ整備されていない移民法の制定を含めて、きちんと法律を整備しなければならないと思います。
 不法滞在ではありませんが、ブラジルから出稼ぎに来た日系二世、三世の方たちが不況で一斉に解雇されているというニュースがありました。派遣労働で寮に住んでいた人が多く、仕事を失うと同時に住むところも失った人がホームレスになったり、仕事が見つからず子どもを抱えて途方に暮れているお母さんの姿が報道されていました。 
 労働力をモノと一緒に考え、不足している時には輸入し、いらなくなったら放り出す。これは文明国のやることではありません。きちんとどこの国の人でも人間として遇することが大事なのではないでしょうか。そうでなければ国として、とても尊敬されません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー