記事一覧

民主党に春はくるか

2月3日(火)
 今日は立春です。朝、松戸駅で駅立ちをしてきましたが、寒さも心なしか緩んでいるような気がしました。民主党にも春が来て、政権をとり、早く国民本位の政治を実現したいものです。
 さて、国会では予算委員会が始まりました。麻生さんは相変わらず、本予算を審議している最中に、必要とあれば補正予算案を出すといってみたり、議員も身を切らなければならないから、議員定数や議員歳費を削減するなどと言い出しています。
 議員定数の削減や消費税の増額など、どちらもすぐにできるものではありません。それなのに、そうした発言を繰り返しているのは、自分の人気回復のため以外の何ものでもありません。本当に無責任な人です。また、補正予算を言っているのは、予算案が通ったら解散という声を封じることを狙ってのことです。本当にどこまで姑息なのでしょうか。
 こんなことを繰り返しているうちに、日本の景気悪化はますます深刻なものになってしまいます。なんとかしなければと思いますが、国会では打つ手に限りがあります。最終的には国民の怒りで、自民党を突き動かすしかありません。
 今日の駅立ちでも、市民の政治に対する関心が少し薄くなっているように思います。あまりにも長い間、もうすぐ選挙といわれ続けてきた疲れが出ているように感じます。それこそが自民党の狙いです。関心を持ち続けてもらうためにも持続した運動を続けなければいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー