記事一覧

合法的なねずみ小僧の出現を

1月30日(金)
 昨日、一昨日と施政方針演説、代表質問が行われました。レイムダック状態の麻生さんですから、何の期待もしていませんでしたが、見事、その通りのつまらない演説とつまらない答弁でした。
 まさに、税金を使って、ただ時間稼ぎをしているだけです。挙句、また週末はダボスに出かけて、官僚が書いた内容のない演説を、国民の貴重な税金を使ってするというのですからあきれるばかりです。
 官僚の天下りの渡りを禁止するといっても、実際には麻生さんが総理にいるのは長くて8ヶ月ですから、その期間限りのことです。麻生自民党政権がいま行っていることは、全て後は野となれ山となれ、いまをごまかしていればいいという無責任極まりないものです。論じることさえ虚しくなります。
 今日の新聞を見ると、去年の春まで「いざなぎ景気を超える未曾有の好景気」といっていたことにも事実に反していたようです。実際には07年で既に景気は後退局面に入っていたということです。
 好景気と言われた間に、企業業績は輸出によって伸びましたが、肝心のサラリーマンの収入は伸びませんでした。それが内需を弱くし、いまの不景気に結びついています。連合は今年の春闘で賃上げを要求しています。それはそれでいいのですが、どうして好景気と経営者が言っているときに、もっと強く賃上げを要求しなかったのでしょうか。
 私は、組合に対して、何度も賃上げを要求するべきだといいましたが、経営者の国際競争力という言葉を跳ね返すことができませんでした。だから今年になって、賃上げといっても、説得力が残念ながらあまりありません。
 解決策は政権交代しかありません。政治の重要な役割に所得再配分があります。お金持ちから税金という名前で収入の一部を取り上げ、それを弱者に配分する。これができるのはねずみ小僧と政府だけです。ねずみ小僧は非合法ですが、政府は法律を作って合法的にこれができます。いまこそ、適正な所得再配分ができる政府ができなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー