記事一覧

オバマ報道、これでいいのか

1月20日(火)
 明日、オバマ新大統領の就任式が行われます。黒人初の大統領ということで日本のマスコミは大注目しています。確かにオバマ氏は演説の巧みさ、爽やかさ、説得力、演出力、どれをとっても一流だと思います。前任者が酷かっただけに、期待が広がるのも分からないわけではありません。
 しかし、冷静に考えてみれば、まだ演説だけで具体的な政策は何もやっていないのですから、過剰に期待しすぎるのはどうかと思います。いくら日本にとって重要な米国とはいえ、これほど米国大統領のことを報道する必要が本当にあるのでしょうか。
 他の国がどのように報じているのか全部を把握しているわけではありませんが、日本の米国大統領選挙に関連した報道量はきっと、ダントツで多いことは間違いないと思います。日本のために注文をつけるのならともかく、何の批判もなくただ褒め称えているマスコミの姿勢に疑問を感じるのは私だけでしょうか。
 現に、イラクから撤退しても次はアフガニスタンに派遣する方針というのを聞いても、あるいはパレスチナであれほど酷いことになっているのに、一言もそれについて発言しなかったオバマ氏に、はっきりいって失望しています。また、全米自動車労連に選挙でお世話になったからというわけでもないのでしょうが、ビック3だけ特別扱いして政府支援をしようとしていることにも疑問を感じます。
 とかく選挙前と選挙後では言動が違う政治家が多いのは事実です。オバマ氏にそうなってほしくないことを祈るばかりです。
 マスコミは常套句で、オバマ氏に比べて日本はという図式になります。オバマ氏は国民に選ばれた大統領、日本は誰も頼みもしないのに総理になった麻生さんですから比べようもありません。それこそ、オバマ氏に対して失礼です。
 それにしても連日の混乱。もう、麻生さん及び、自民党の迷走に付き合うのに疲れてきました。