記事一覧

漂流する日本

1月16日(金)
 毎日駅立ちを行っていますが、昨日、今日と大変寒い朝でした。肩をすぼめ、急ぎ足で駅に向かう人が多いにもかかわらず、普段と変わらず新聞を受け取ってもらっています。新年になっても政治に対する関心は依然として強いことは確かです。
 しかし、肝心の政治は明確な方針を打ち出せないまま漂流しています。麻生さんは消費税を3年後に上げるということに固執していますが、党内からは異論が相次いでいます。また、定額給付については財務省の諮問機関が見直しを求めました。それに対して、自民党内から批判が相次いでいるといいます。
 さらに、道路特定財源の一般財源化についても不十分だと党内から批判が噴出しています。内閣官房では官房政務官が定額給付に反対して本会議を欠席したり、官房副長官の不倫疑惑が報道されたりしています。内閣の中枢たる官房もこの状態です。まさに、麻生内閣及び自民党は学級崩壊状態です。
 それでも麻生さんは月末にまたダボス会議に出たいなどと外遊に固執しているようです。国内では不人気でも、海外ではそんなことは知りませんから、気分がいいのかもしれませんが、麻生さんの気分で政治をされたのではたまったものではありません。
 政治がこんなですから、不気味な事件も発生しました。大学構内で教授が何者かに刃物でメッタ刺しにされて殺されました。授業に出かける前のほんの一瞬をついて、刺されたようです。
 学生が多数いる中での凶行でした。教授にとっては家の中で刺されたも同然です。横綱朝青龍は土俵上で殺してやると脅迫されました。去年には厚生省の事務次官経験者が家で殺されました。日本中、安全な場所というのが無くなりつつあります。犯罪を物理的に防止することは不可能です。心の問題を解決しない限り、解決のしようがありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー