記事一覧

泣く子と総理には勝てない

1月14日(水)
 昨日の衆議院予算委員会で、定額給付金を盛り込んだ第二次補正予算案が強行採決されました。マスコミの世論調査で、国民の大多数が反対している定額給付金をどうして、十分な論議もないまま強行採決するのか、全く理解に苦しみます。
 間違いだと指摘されればされるほど意固地になる人がいますが、麻生さんはその典型のようです。もともと自分たちの選挙を有利にするために導入したこの制度が、いまや、自民党の命取りにすらなりかねない状況になっているのに、無理やり通そうとする。お金が余っているのならともかく、この不況時に間違った政策を無理やり通すことは許されません。
 給付金でうまいものでも食べると発言している大臣が複数いました。これではまるで、無駄遣いを政府が奨励しているようです。子どもの教育上にも悪い影響を与えます。愚策に“愚言”を重ねている、なんとも情けない内閣です。
 こうした一連の動きを受けて、麻生さんの支持率はついに10%台に落ち込み、不支持率は高いところでは80%を超えました。支持している人も積極的な支持は極めて少ないものと思われます。すなわち、国民の殆どに麻生さんは見放されたということです。
 これ以上、地位に連綿とすれば、国民が迷惑を被るだけです。総理としての自覚が少しでもあるなら、速やかに辞職をするべきです。もっともそんな判断力があるのなら、もうとっくに辞職しているはずですので、自発的な辞職を求めるのは無理かもしれません。
 泣く子と地頭には勝てない、という言葉がありましたが、今は、泣く子と総理には勝てないということかもしれません。総理を追い込めば追い込むほど、居直り力が強くなってしまう、何とかいい方法はないものでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー