記事一覧

パレスチナの悲劇を止めろ

1月9日(金)
 パレスチナの惨劇に心を痛めています。あの狭い地域に連日、戦闘機で爆撃するとは、狂気の沙汰です。多くの子どもたちが死傷しているようです。一日も早く停戦させることが重要です。
 ガザ地区は極めて狭い地域で、住民はどこにも逃げようがありません。国境は封鎖され、海上もイスラエル軍によって閉ざされていたのでは、手の打ちようがありません。私が行った時にも、妊婦を乗せた救急車が攻撃されたという話を聞きましたが、今回も国連の車両や、救急車がまた狙われているようです。今回のイスラエルの攻撃は住民への無差別攻撃を禁止した国際条約に明らかに違反しています。
 アラブ諸国に囲まれたイスラエルの恐怖も理解できます。また、イスラエル側にもこれまで多数の死傷者がでている歴史も知っています。しかし、今回のように住民を無差別に巻き込んだ戦闘は断じて許すわけにはいきません。こんなことをすれば、イスラエルは孤立し、アラブ諸国の更なる反発を招き、安全を確保するためといっていながら、かえって危険を招いています。軍事では何も解決しないということを、いい加減に理解しなければいけません。
 日本の国会では、麻生さんがまたまた迷走しています。定額給付金について、自分がもらうかもらわないかも明言できない政策とはいったい、何なんでしょう。こんなことに大事な税金を使われたのではたまったものではありません。最早、定額給付金は撤回するしかありません。もう、麻生さんは限界です。