記事一覧

天気だけは穏やかだったけれど・・・

1月5日(月)
 ほとんどの人が今日、仕事始めだったと思います。今年の正月は、大きな事件事故も起こりませんでした。三が日いい天気が続き、まずは穏やかな正月だったといえるでしょう。
 しかし、政界は一寸先は闇という状態が続いています。麻生さんは元旦の記者会見で予算成立に全力を挙げるといっていました。また、世界で一番最初に日本を不景気から脱出させるとも言っていました。しかし、どのように野党や与党の抵抗を排して予算を成立させるのか、あるいはどのように不景気から脱出させるのか、肝心の具体的な方法論については一切触れることはありませんでした。相変わらず、口先だけでは支持率が上がるはずもありません。
 一方、この年末年始、避難所で過ごした雇用止めで仕事を失った人がたくさんいました。年末年始は注目されますから、支援の手もたくさん差し伸べられましたが、普段どおりの生活が始まってしまえば、また厳しい状況に追い込まれてしまうことは間違いありません。一時的な支援から、きちんと仕事ができる継続的な支援に方向を転換しなければなりません。
 世界に目を向けると、パレスチナがとんでもないことになっています。イスラエルの地上部隊がガザ地区に突入するという事態に発展しているようです。ガザ地区はエジプトと地中海とイスラエルに囲まれた極めて狭い地域です。そこに飛行機と戦車で攻め入れば、多くの一般住民に死傷者がでます。既に500人以上の死者が出ているといいますが、この数字がさらに大きくなることは間違いありません。
 私も数年前にパレスチナ、イスラエルに行き、戦争で家族を失った人にたくさん会いました。結局、犠牲になるのは一般市民です。狭い地域で憎しみが日々製造されていたのでは、平和が訪れようもありません。
 イスラエル、パレスチナの両者だけで紛争が解決するはずもありません。国連を中心として、いまこそ世界各国が真剣に解決に向けて取り組むべきです。日本はイスラエル、パレスチナ両者といい関係にあります。もっと積極的に中東問題に取り組まなければいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー