記事一覧

自民党は腐りきっている

 社会保険庁の問題でいい加減うんざりしていたら、今度は、赤城徳彦農水大臣の政治資金不正問題が発覚しました。自民党はどこまで腐っているのでしょうか。
 活動実態のない実家に事務所を置いたことにして10年間で9千万円もの政治資金を付け替えていた。以前、行革担当大臣を辞めた佐田議員と全く同じ構造です。これだけ相次ぐと自民党の議員は全員、政治資金を不正に使っているのではないかと疑ってしまいます。
 しかも、今度は赤城大臣の個人後援会活動での不正で、今国会で自民党が無理やり成立させた政治資金規正法改正でも、チェックができないことになっています。ザルの上にザルを重ねただけの改正と私は言っていましたが、それが見事に証明されました。
 それにしてもどうして自民党の議員にはこれほどの政治献金があるのでしょうか。やはり政官業の癒着が浸透していて、お金が自然と入ってくる仕組みになっているとしか考えられません。まさに構造汚職といっても言い過ぎではないでしょう。
 自民党は不祥事が発覚するたびに反省を口にしますが、いっこうに改められません。第二の第三の佐田、松岡が出てきているのですから、これからも第四の松岡が出てくることは間違いありません。
 解決法は一つしかありません。政権交代で自民党が野に下れば、すぐに政治資金は枯渇します。一度、こうした大掃除をしない限り、政治がきれいになることはありません。
 政治献金といっても、公共事業で談合をしたり、官庁に既得権を守ってもらって不正に利益を上げたりした結果で、元を正せば我々の税金です。そうした税金の無駄遣いが積もり積もって1000兆円もの国の借金につながってしまいました。自民党の責任は極めて重大です。また、それを選び続けてきた国民の責任も重大といわざるをえません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー