記事一覧

40兆円の収入で140兆円使うとは

12月15日(月)
 先週、麻生総理が唐突に記者会見を開き、第二次緊急景気対策なるものを発表しました。総額24兆円という大規模な対策で、関連した法律や予算措置をどのように講ずるのだろうかと注目していたのですが、何のことはない、二次補正予算を実施した後ということでした。
 絵に描いた餅もいいところで、これでは、年末にも職を失う人に何の手助けにもなりません。お金にも生活にも困ったことがない人が考えると、これほど無内容な物になるという典型です。
 本当にこの第二次景気対策が実施されるとすると、二次補正の27兆円を合わせて51兆円もの財源が必要となります。来年度予算案にも不況対策が盛り込まれていますので、恐らく来年度予算案は88兆から90兆円規模になることが予想されています。すると全部で140兆円ものお金が必要となります。
 これに対して来年度の歳入は40兆円そこそこだということです。となると、来年だけで国の借金が一気に100兆円も増えることになってしまいます。既に1000兆円も借金があるところにさらにたった一年で一割も借金を増やしてしまっていいはずがありません。
 民主党は予算編成そのものを見直さなければいけないといっています。すなわち、財務省から予算の編成権を取り戻し、本当に必要な額だけを積み上げていく予算編成に変えます。こうすれば、これまでのように毎年、ほぼ固定経費として70兆円近くを支出するということをしなくてよくなります。
 また、一般予算と同時に日本では特別予算を毎年210兆円も計上しています。この中には特殊法人の予算や、財投債などが含まれています。これも民主党は抜本的に見直します。こうした徹底的な見直しを実施しないまま、140兆円も使ってしまったら大変なことになります。
 自分たちの延命のために、勝手に借金を増やされたのではたまったものではありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー