記事一覧

解散に向けての決定打を

12月11日(木)
 今日は、民主党の渡部恒三最高顧問を松戸にお迎えして講演会を開きます。“平成の黄門様”として親しまれている、渡部顧問がどんなお話をされるのか楽しみです。
 年末にかけて自民党が来年度予算案に絡めて税制とか年金とか健康保険についていろいろ決めていますが、本当にむなしい気がします。総選挙が実施され政権交代してしまえば、民主党が独自に税制などを決めますので、いま自民党がやっている作業は全て無駄になってしまいます。
 これまで民主党内の論議は、どうせ実現される見込みがないからと報道されませんでしたが、自民党内の論議もいまや実現されるかどうか不確定になってきたのですから、あれほど大々的に取り上げるのが適切かどうか大いに疑問です。あのように報道されると、それが実現されるものと国民の大多数は思ってしまう恐れがあります。
 それにしても民主党は、麻生さんをどうしても解散に追い込むことができません。これだけ国民の麻生離れと自民党離れが進んでいるのに、決定的な一打を放てないでいます。これまでにももう何回も、民主党は決定的な解散のチャンスを失っています。こんなことを続けていると、解散にすら追い込めない政党に政権を渡していいのかということになりかねません。年末にかけて決定打を期待したいところです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー