記事一覧

困った“自分党”の人たち

12月9日(火)
 麻生内閣の支持率がついに20%ギリギリまでに低下しました。国民の総意はもう麻生内閣も自民党政権もたくさんだというのが本音だと思います。一日も早く、麻生内閣を退陣に追い込んで国民の期待に応えなければなりません。
 麻生さん自身も認めている通り、これはひとえに麻生さんの責任です。発言が二転三転する、漢字も読めない、何より、何をしたいのかさっぱり分からない、これでは支持のしようがありません。むしろまだ支持率が20%もあることが不思議なくらいです。
 自民党政権50数年のツケが、麻生さんに一気に回された感があります。確実に自民党長期政権が終わるということを国民の多くの方が感じ取っているはずです。徳川末期の混乱と同じような混乱に、いま自民党が陥っています。自民党が混乱するのはいっこうに構わないのですが、困ったことに自民党はまだ政権政党ですから、自民党の混乱がすぐに国民の混乱に結びついてしまう危険性があります。
 麻生内閣が続いていることこそが、最大の政治空白です。何としても麻生内閣に退陣を迫らなければなりません。緊急の雇用対策、中小企業の資金手当てなど、緊急を要する経済対策を国会でまとめ、直ちに解散総選挙を実施し、国民の信を得た内閣で、本格的な景気対策を打つことが何よりも重要です。
 ところで、昨日のニュースを見ていましたら、民主党の議員が自民党でやたら騒いでいる人のパーティに出席して発言している場面が出てきました。彼らは目立てばいいと思っている“自分党”の人たちです。この大事な場面に、民主党にも自分党の人がいることが残念でなりません。
 自民党が分裂するのは必然ですが、そこに民主党が巻き込まれることは断じてあってはいけません。それは政権交代という国民の期待を裏切ることです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー