記事一覧

自民党、解散下野か立ち枯れか

12月2日(火)
 麻生内閣の支持率が日経新聞によると、ついに31%に激減しました。不支持率は倍の62%でした。これで麻生総理で解散ができないことがほぼ確実になりました。
 自民党としては今後、いつ麻生総理を代えるのかが焦点となってきます。早期に代えれば早期に選挙をせざるを得なくなりますし、麻生政権をズルズルと引っ張っていけば、選挙で決定的な敗北をきす危険性が増します。他人事ながら厳しい状況に自民党は追い込まれています。
 小沢代表は、これ以上政治の混乱を続けないために、全ての政党による選挙管理内閣の結成を呼びかけるそうです。自民党が乗る可能性は少ないのですが、これができれば麻生総理の退陣と同時に解散総選挙の運びとなります。
 日経新聞の世論調査でも来年早々までに解散総選挙を行うべきだという声がもっとも多数でした。これ以上、自民党がいくら解散を先延ばししようとしても無理ということでしょう。これから生き残りをかけて、自民党の内外で離党や新党結成を含め様々な動きがでてくるのではないでしょうか。しかし、新党を作るほどのリーダーシップを発揮できる人が果たしているのかどうか、疑問です。したがって、このまま“立ち枯れ”という可能性もあります。
 大事なことは、こうした動きに民主党の議員が動揺しないことです。きちんと、民主党政権になれば、こういう政策を実施しますということを訴えていけば、必ず、次の選挙で政権交代することができます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー