記事一覧

国民を甘く見ている自民党

11月28日(金)
 麻生さんの迷走が止まりません。「ふしだらな生活をして病気になっている人のためになんで私が税金を払わなければいけないんだ」というまた、とんでもない発言をしました。
 好きで病気になっている人はいません。自分が健康だからといって、病気になっている人はその人の生活態度に問題がある、といわんばかりの発言には本当に呆れてしまいます。また、ふしだらという言葉の使いかたももちろん間違っています。
 それ以上に問題なのは、麻生さんは健康保険の意味を理解していないのではないかということです。健康な人もそうでない人も、全ての人が保険料を払うことによって、国民皆保険が維持されています。自分は健康だから払わないといったら健康保険制度そのものが成り立ちません。そんなこともわかっていないというのでは、なんとも情けない限りです。
 結局、生まれついての金持ちである麻生さんにとっては、健康保険も年金も自分にとっては何の必要もないものですから、ああいう発言が出てくるのだと思います。国民生活が全くわかっていない人に政治を任せることの怖さをつくづく感じます。
 そんな麻生さんと小沢代表の党首討論が今日行われました。予想していた通り、盛り上がりにかける討論でした。理由ははっきりしています。麻生さんが最初から答えを一つしか用意していなかったからです。
 二次補正をどうして出さないかという質問に対して、金は借りる人と貸す人がいる、借りる側は一次補正で処理したから、貸す側の金融措置法を早く通してくれ、この答えを40分の応酬の中で、ただひたすら繰り返していたから、おもしろいはずもありません。どうして解散しないのかという問いにも、麻生さんは同じ答えをしていました。
 麻生さんがいかに国民を甘く見ているかがよく分かります。これくらい言っておけば、国民は騙されるだろうと高をくくっているようですが、来週出る世論調査で、本当の答えが分かると思います。
 自民党は、麻生さんを変えて次の総理を送り出しても総選挙をしないで、ひたすら時間がたつのを待つ作戦のようです。こんな無責任な政党に政治を任せるわけにはいきません。自民党の目論見をひっくり返す、国民の皆様の反撃を期待しています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー