記事一覧

シビリアンコントロールの危機

11月12日(水)
 田母神前航空幕僚長が昨日、参議院に参考人招致されました。持論を述べる場ではないと釘を刺されたにもかかわらず、問われてもいないことを滔滔としゃべるさまは、不気味さを感じました。
 憲法を改正して武器を自由に使えるようにするべきだといってみたり、日本は何も悪いことはしてこなかったと言ってみたり、正しいことを言ってどうして処分されなければいけないのかと開き直ってみたりと、本当にこんな人間をどうして自衛隊のトップに就かせたのでしょうか。
 この人はシビリアンコントロールの意味も全く理解していないようでした。戦前、軍部が独走して、日本を誤った戦争に突入させ、数百万人ものアジア人や日本人を死に至らしめた反省がこの人には微塵もありません。軍は実力部隊です。自分たちの主張が正しい、それに反するものは武力を使って押さえ込もうとしたのが、戦前の日本でした。その反省がないから、文人たる防衛大臣の指示を平然と無視できるのだと思います。
 問題は、田母神だけに止まりません。この人が自衛隊の幹部学校の校長をしていたということですから、この間違った歴史観を植えつけられてしまった若い自衛官がたくさんいるということです。第二、第三の田母神を出さないためにも、きちんと再教育する必要があります。
 この問題に関して麻生総理は防衛大臣に任せていると、我関せずを決め込んでいます。自衛官の最高指揮官は総理大臣です。シビリアンコントロールが脅かされている事態ですから、もっと毅然たる態度で対処するべきです。消費税や定額給付についても二転三転、こう総理の発言が軽くては、どうにもなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー