記事一覧

こんな誤った認識を持った人が自衛隊のトップとは

11月4日(火)
 あっという間に11月になってしまいました。夏から運動をしていますので、季節が変わるということに思いが至りませでした。つい最近までワイシャツを腕まくりして活動していましたが、今日の朝立ちのときは寒いと感じました。本当に毎日走りっぱなしできましたが、行き先の知れぬ列車に乗っている気分です。
 この2ヶ月間ほぼ毎日、300件近く選挙区内の家庭を回ってきました。これまでに一度も足を踏み入れたことがない地域があったことに驚きながら、たくさんの人からいろいろな意見を聞かせてもらいました。
 「なんとかしてくれ」という声が一番多かったように思います。特にお年寄りのみなさんからは収入が決まっているのに政府の政策によって支出が増えて困っているという声を多く聞きました。誰でも先行きが見えない不安というのが大きいのではないでしょうか。やはり、国民の皆様を取り囲んでいる不安を一つ一つ取り除いていくことが、遠回りのようでも一番の景気対策ということです。
 ところで、航空自衛隊のトップが、日本の侵略行為は濡れ衣だという発言には驚きました。こんな歪んだ歴史認識を持った人を幕僚長に任命した政府の責任は極めて大きいものがあります。この人は名古屋高裁で、自衛隊のイラク派兵は憲法違反という判決が出たときに「そんなの関係ねー」と発言した人です。
 政府の一員でありながら、裁判結果を無視するのでは法治国家は成り立ちません。本当はあの時点で解任をするべきでした。
 自衛隊は実力部隊です。そのトップは軍を動かす力があります。侵略行為を正当化するような人が、この軍事力を誤った方向に使ったらとおもうと背筋が寒くなります。日本ではクーデターなど起こるはずがないと思っていましたが、こんな人が現実にいることを思うと、クーデター防止のための仕組みを早急に作らなければいけないと感じました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー