記事一覧

じっくり腰を落ち着けて訴えることが大事

9月12日(金)
 自民党の総裁選挙が華やかです。しかし、申し訳ありませんが、あの顔ぶれを見ると何の新鮮さもありません。およそ何か新しいことをやりそうな人が一人もいません。自民党の人材不足も極まれりという感じです。
 私のほうは地道に政権交代の必要性を訴えるしかありません。朝晩の駅立ちとスポットで愚直に、このまま自公に政権を任せておいていいのかと、訴えています。夕立は普段あまりやっていないので、どんな反応があるのか心配していましたが、朝よりずっと反応がいいことは確かです。
 朝は職場に急いでるので余裕がありませんが、夕方はやっと仕事が終わったという開放感からか、みなさん余裕があり、声をかけてくれる人もたくさんいます。ただ、だんだん日が短くなってきますので、暗い中でやらなければいけないところが弱点といえば弱点です。
 今日の世論調査の結果では、自民党の支持率に大きな変化はなかったようです。あれだけ、連日朝から晩まで総裁選挙の情報を垂れ流していて支持率が上がらないというのは、冷静に考えるとかなり、自民党にとっては深刻な事態ではないでしょうか。これでは総裁選が終わったら、支持率は一気に下がっていくだけです。
 ラベルを変えても中身は変わらないということを国民の皆様が冷静に見ているということでしょう。我々も腰を落ち着けて、生活が第一の政治の実現ということを訴えていけば、必ず勝機が見えてくるはずです。基本的に朝晩は同じ駅で駅立ちをしていますので、姿を見かけたら声をかけてください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー