記事一覧

国民投票法案が成立

 ついに昨日、国民投票法案が成立をしてしまいました。繰り返しますが、いまの衆議院議員は郵政法案によって選ばれた議員です。前回の選挙の時には国民投票法案とか、ブルガリ時計コピー防衛庁を防衛省にしようとかいうことは、争点にもなっていませんでした。それこそ、国の根幹、安倍総理の好きな言葉で言えば、戦後レジームを変えよう言うのであれば、もう一度総選挙をするのが筋です。それをしないで、総理の勝手な思い込みで、このような重要な法案を成立させてしまうのは、明らかに民主主義のルールに反しています。
 国民投票法案は手続法とはいえ、すぐにも両院に憲法調査会ができ、憲法草案の審議が始まるとのことです。最後は国民が決めることですから、そこは歯止めがかかっているとは思いますが、最低投票率が決められていなければ、国民の無関心をいいことに、一気に憲法が変えられてしまう危険性はあります。
 憲法とは国民が守るものではなく、ウブロスーパーコピーあくまで国家権力から国民を守るものです。安倍さんは憲法は国民が守るものと勘違いしていますから、そんな憲法に変えられては堪りません。よほど民主党がしっかりしていないと、国を誤ることになります。
 22日に横路副議長を招いて、憲法と国民投票の話をしますので、是非、松戸市民劇場に来ていただき、ご意見を言っていただければと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー