記事一覧

自民党総裁選に踊らされてはいけない

9月5日(金)
 自民党の総裁選に麻生さんら4人に続き、何人もが立候補を表明し、売名合戦の様相を呈しています。自民党は派手に総裁選を行い、電波ジャックをして支持率を上げ、その勢いで総選挙に突入しようという目論見のようです。まさに小泉旋風の再来を狙っての戦略です。
 いまのところ、マスコミもこれといった事件、事故もないので自民党総裁選一色になっていて、自民党の狙いどおりに進んでいます。昨日の朝日新聞の世論調査では、自民党の支持率が上がったということですから、さぞや自民党関係者は喜んでいるのではないでしょうか。
 しかし、日本をとりまく政治状況はそんな甘いものではありません。もし、また自民党内のたらいまわしで総裁が選ばれ、その人がそのまま総理大臣になるようだったら、日本はおしまいです。マスコミはそんなこともわかっていないのでしょうか。
 このまま自民党のコップ内の騒動を垂れ流し、それに国民が乗ってしまえば、最終的にもっとも被害を受けるのは国民です。そこをきちっと報道しなければいけないのに、相変わらず、自民党政権が続けば自分たちマスコミは安泰と考えているようでは、報道機関の名が泣きます。
 報道すべきは自民党内の論争ではなく、自民党と民主党の論争でなければいけません。前哨戦は勝手に党内でやらせておけばいいので、でてきた政策こそが重要で、過程はあくまで党内手続きです。かつてのように自民党の総裁がそのまま総理になるのなら、大きく報道する価値もありますが、いまの状況は、あくまで総選挙までの自民党総裁です。そこを忘れてしまっては困ります。
 民主党幹部も埋没するのではないかと心配ばかりしていないで、どんどん街宣活動をすればいいんです。こういうひ弱さが、政権を任せて大丈夫かという批判につながるんです。いずれにせよ、選挙は間近です。今度こそ政権交代です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー