記事一覧

新党結成ではなく議員辞職を

8月29日(金)
 民主党から渡辺氏ら三人が離党し、新党を結成するようです。渡辺、大江両氏とも参議院の比例選挙で当選した人です。民主党の公認候補になったから議員になれたわけで、有権者も民主党の候補だからこそ、名前を書いたはずです。それが党を離脱するというのであれば、当然、議員を辞職しなければなりません。
 そうした手続きを経ず、いきなり新党とはとても解せません。しかも、新党結成の理由を、代表選挙が実施されないからといっているそうです。それなら堂々と自分で代表選挙に立候補し、小沢氏ときちんと論争をするべきです。そんなことはもとよりできる人物ではないですから、もっとも民主党に打撃を与える時期を選んだと考えるのが普通でしょう。
 考え方を見れば、もともと自民党と一緒の人たちですから、本当なら自民党に入党したかったはずです。しかし、比例候補が離党して他党に行くことは公選法上できません。だから新党ということになったのでしょうが、このこと一つとっても、この行為は有権者を裏切るものであり、決して許されるものではありません。
 渡辺、大江両氏ともこれまでに道路特定財源を守れという発言を繰り返し、党議拘束に反して、賛成票を投じて、処分を受けていました。また、姫井議員は言動をみれば議員としての資質にかけていることは明らかでした。
 こんな人たちが中にいたのでは民主党が誤解されるだけですから、出ていってくれるのはかまわないのですが、有権者の皆様の理解は到底得られません。今後、こうしたことが許されないように、比例候補は離党したら即議員辞職しなければならないように、公選法を改正しなければならないと思います。
 今度の辞職、本来であれば自民党も我々と同じように苦言を呈すべきですが、どうやら自民党側が仕組んで新党を作らせたという報道もなされています。政権を守るためには何をやってもいいと自民党は考えているようです。本当に末期症状です。ますます、政権交代しなければどうしようもないところまで、自民党はきていると感じるのは私だけではないはずです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー