記事一覧

キャンペーンアンケート、物価の鎮静化と予算の見直しがトップ

8月18日(月)
 お盆休みも終わり、今日からまた仕事開始です。連日、オリンピック、高校野球とテレビ漬けになっていました。一途にスポーツに打ち込む姿を見るのは、本当に気持ちのいいものです。手に汗握りながら観戦し、選手と一緒に喜んだり泣いたり、そしてあとに残るのは清清しい爽やかさです。勝った人も負けた人も、頑張った分だけこれからいいことがあるはずです。
 スポーツに比較して政治の貧困さは目を覆うばかりです。国民の生活や世界の平和がかかっているというのに、政治家が何の緊張感もなく過ごしている姿をみると情けなくなってきます。オリンピック選手のように精進しろとはいいませんが、せめて、真剣に政治に取り組んでいる姿を見せてほしいものです。
 お知らせしたように先月の22日から8月8日まで選挙区内くまなく回るキャンペーンを展開しました。10万枚以上新聞を配り、裏面にあるアンケートにたくさんの方にお答え頂きました。これまでの集計結果をお知らせします。
「政府にすぐやってほしい政策は次のうちどれですか、特に重要と思うものを二つ選んでください」、という質問に対し、ほぼ半数の方が「ガソリン、食料品など急騰している物価の鎮静化」と「約1000兆円にも達する財政赤字を解消するために予算を徹底的に見直す」を選びました。
 ついで多かったのが「このままでは崩壊するかもしれない年金の抜本的改革」で3分の1の人が選びました。ついで「後期高齢者医療制度の廃止」が4分の1、「中央に集中している権限や財源を地方に大胆に移譲する」と「自主独立外交の確立」が5分の1ずつありました。
 「いまの政府はみなさんの期待に応えていると思いますか」という質問にたいしては全員が「いいえ」と答えました。また「日本にも政権交代が必要だと思いますか」という質問に対してはほんの少数の方を除いて「はい」と答えてくれました。
 また、「民主党、自民党どちらが好きですか、その理由をお聞かせ下さい」という質問に対しては、実に多くのご意見を聞かせてもらいました。民主党に対して期待は大きいのだけれど、政権をとったことがないことに対する不安がまだ若干あるようです。
 今週も街宣車を回す予定です。見かけたら手を振ってください。お願いします。

ファイル 161-1.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー