記事一覧

自分党になってしまった自民党

7月21日(月)
 昨日は市民フォーラムを開きました。続いて幹事会、次の市長選、市議選に向けてのマニフェスト作りのための政策委員会と会議が続きました。明日から夏季キャンペーンを始めますので、そのための打ち合わせも行いました。
 梅雨明け10日といいますが、おそらく厳しい暑さの中でのキャンペーンとなると思います。選挙区をくまなく回ってスポット演説を繰り返してこようと思っています。近くに言った場合には是非声をかけてください。
 今日は事務所に出てきて明日からのキャンペーン用の新聞を作っています。毎日、5000枚程度配れるのではないかと思っています。こちらも家庭のポストに入れておきますので、是非お読みいただき、ご意見等お寄せ頂ければ幸いです。
 市民フォーラムは毎月やっているものですが、今年からは音声を聞くことができるようにしました。当日参加できなかった方は、ホームページから音声で聞いてください。昨日は猛暑にもかかわらずたくさんの方に参加いただきました。
 さて、今日の日経新聞では年末から年始にかけて総選挙を実施するのが得策だという自民党内の声が高まっているという記事が出ていました。相変わらず、自分たちの都合ということだけで話が進められているようです。
 自分たちが勝てそうなときに選挙をやるといったり、自分たちが責められるから臨時国会の開催を遅らせようなどという発言があったときに、どうしてマスコミはすかさず、自民党による政治の私物化だと批判をしないのか不思議でなりません。
 国民が物価高で苦しめられている、漁民は燃料代の高騰で休漁を強いられている、こんなときには速やかに国会を開催して対策を国民に示すのが政府の役割なはずです。それをしないで、自分たちの延命だけを考えている自民党には本当に呆れます。政治不在は国民を不幸にします。自民党内にも責任感がある人がいるはずですが、一体どうしたんでしょうか。

ファイル 141-1.jpg ファイル 141-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー