記事一覧

サミットの意味が問われている

7月8日(火)
 昨日から洞爺湖でサミットが始まっています。どこを見ても警備の警察官でいっぱいです。万が一のことがあったら困るという事情は分かりますが、それにしてもややオーバーな気がします。北海道で開かれているサミットで、どうして松戸駅までが厳戒態勢に置かれるのか、当然だという人は少ないのではないでしょうか。
 さて、そのサミットですが、いまや年中行事化し、本当に一年に一度、どこかに集まって会議を開く必要があるのかどうか、わからなくなっています。今回のサミットでも地球温暖化防止について話をしていますが、もはや先進国だけ集まって解決できる問題ではありません。きちんと国連の場で全ての国が賛同して初めて、温暖化防止ができます。
 先進国だけで何とかできそうなのは、喫緊の課題である原油高騰についてです。先進国の金融機関が投資しているファンドが、原油市場に大量に流れ込んでいることが、原油高騰の最大の原因であるといわれています。そうであるとすれば、投機ファンドに対する規制とか、原油先物市場を規制するとか、具体的な方針を打ち出すことができれば、意味あります。しかし、いまのサミット首脳に、そんな力量はありそうもありません。
 ブッシュ大統領といい福田総理といい、とっくに国民から見放されています。その人たちの自国民向けのパフォーマンスに大金をかけるのは無駄というものです。もし集まることに意義があるというのであれば国連本部でやればいいのではないでしょうか。警備にもお金がかかりますし、洞爺湖周辺の観光地では閑古鳥が鳴いているというのでは、地域振興どころか地元泣かせということになってしまいます。サミット自体を考える時期にきていると思いますが、皆様はどう考えるでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー