記事一覧

コンビニの深夜営業禁止について

6月30日(月)
 昨日は新党日本の田中康夫代表が松戸に私の応援に駆けつけてくれました。松戸の伊勢丹と松戸駅東口で街頭演説をしましたが、激しい雨にもかかわらずたくさんの方が足を止めて話を聞いてくれました。
 田中さんの話は具体的で分かりやすく、誰が聞いても納得できるものでした。例えば、国は道路建設に毎年7兆円も使っているのに、電柱の地中化に使っているのはたった3000億円、だからいつまでたっても、狭い道路を歩行者は危険を覚悟で通行しなければならない。その理由は、地中化工事は地元の業者でもできるのに対して、道路建設は東京の大手ゼネコンが行うからだ。ゼネコン、国土交通省、自民党の政官業の癒着の中で、国民のための政治より、自分たちの利権を確保するための政治が行われているのが、いまの自民党政治だと批判しました。
 田中さんは傘をさしません。私が傘をさしかけても、このままでいいと断りました。どうも傘を差すと気合が入らないというのが理由です。人それぞれスタイルがあるものだなと思いました。ちなみに私は雨が嫌いなので、傘をさしていました。
 ところでコンビニの深夜営業を止めさせようという動きが全国的に起こっています。温暖化防止のために当然だという賛成意見から、コンビニは深夜の駆け込み寺の役割を果たしており、深夜営業を止めたとしても温暖化防止の効果はそれほどないという反対意見までさまざまな論議を巻き起こしています。
 この問題の、まさに問題点はサミットを前に、何とか日本の温暖化防止の取り組みをアピールしたいという意図がまずあるということです。本当に日本が温暖化防止を真剣に考えるのなら、もっと根本的なところから改めなければいけないはずです。それをネグレクトしておいて、効果はあまりないが話題性に富んでいるということでコンビニだけをターゲットにするやり方には反対です。
 工場や事務所に太陽電池設置を義務づけるとか、家庭で太陽光電池を設置する場合は補助をするとか、抜本的な基礎エネルギーの転換を行うようなことをしなければ、温暖化を防ぐことはできません。コンビニの深夜営業禁止などでごまかすような問題ではありません。

ファイル 136-1.jpg ファイル 136-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー