記事一覧

米国に振り回される路線なき日本外交

6月25日(水)
 アメリカが北朝鮮をテロ支援国家指定から解除する方向という報道に対して日本政府がアタフタしています。対北強硬路線を日本はとってきましたが、テロ支援国家から北朝鮮が外されれば、北に対する制裁措置をこのままとり続けても意味がなくなってしまいます。それどころか、このまま強硬路線をとり続ければ6カ国協議の中でも日本は孤立してしまう危険性があります。
 アメリカにとって大事なのは北の非核化にあります。今回の措置で北の核の脅威が全くなくなったとは言えませんが、アメリカは何とかブッシュ大統領の在任中に成果を上げようと、今回の措置に至ったものと思われます。
 一方、日本にとっては核の問題も大事ですが、国民感情的には拉致問題の解決なくして対北朝鮮に対する制裁措置を解除するのは難しいという事情があります。しかし、このまま日本だけが突っ張るわけにもいかないということで、福田総理は、今回のテロ支援国家指定解除は核廃棄に向けての、一歩であると評価しています。
 私も、もっとも大事なのは北に核兵器を放棄させることだと思いますので、今回の指定解除が核放棄に本当につながるのであれば、評価したいところです。
 しかし、疑問に思うのは日ごろ、米国は日本の同盟国だといっておきながら、こんな肝心な問題で日本と米国が真剣に協議してこなかったという事実です。それで「まさか米国がこんなことをするとは思わなかった」と親米派の議員が嘆くのを見ると、何と甘いといわざるを得ません。
 いつでも、何でも言いなりになっている国に対して、真剣に対応する国があるでしょうか。米国と日本の関係はまさに、言いなりの関係です。どんなことがあっても米国についてこざるを得ないだろうと米国は高をくくっているのですから、真剣な話し合いなどするはずもありません。
 日米関係を正常なものにしようとしたら、きちんとモノをいう国にならなければなりません。いまのような日米関係を続けている限り、今回と同じようなことが繰り返されることは間違いありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー