記事一覧

福田さんの自信と岩手地震

6月18日(水)
 昨日、福田内閣の支持率が多少上がって23%になったと朝日新聞が報じました。そうはいっても6割近い人が不支持ですから、支持率が回復したとは到底言えない状態です。それにもかかわらず、福田さんは最近、機嫌がいいようです。福田さんの自信はどこからくるのでしょうか。このままズルズルと何もやらずにしていれば、国民性からして、支持率が自然と上がっていくと考えているのでしょうか。
 参議院で不信任され、支持率も低迷する、普通に考えれば総辞職するのが当然です。民主主義の基本は国民の支持の元に政策を実行することです。国民の支持なくして新しい政策を打ち出しても、それは福田さんが勝手にやっていることに過ぎません。
 政治家であれば、そんな状態に一日もいたくないはずです。私だったら辞めるか、それが嫌なら、勝ち負けは別として、解散総選挙で、信を問います。それもしないで、居直ることは信じがたいことです。政府がこんな無責任体制ですから、相変わらず、公務員主導の談合や、居酒屋タクシーなど汚職まがいのことが続発するわけです。
 ところで、岩手、宮城の大地震は山間地帯に大きな被害をもたらしました。火山地質で地盤が弱かったとはいえ、山全体が崩れている様をみて、もし、あれが大都市の直下型地震だったら、どんな被害が出ていただろうと慄然としました。日本列島はつり橋の上にのったようなもの、と言った人がいたそうですが、本当にその通りです。
 予知情報が出され、10秒とか15秒前に多少の備えができた地域もあったようですが、直下の地域では、情報の方が遅くなったようです。今度の地域も断層があるといわれていた地域ではありませんでした。阪神淡路地震のときも、事前に知られていた断層が動いたわけではありませんでした。
 地震に備えよといっても、実際にできることは限られています。したがって、要は地震が起こったあと、いかに被害を拡大させないかという政策に力をいれるしかありません。
 今回の地震でもすぐにボランティアの人が被災地で活躍しているのを見て、随分、日本にもボランティア活動が定着してきたなと頼もしく思いました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー