記事一覧

後期高齢者という言い方も、紅葉マークも失礼だ

6月5日(木)
 最近、75歳以上の方とお話をすると、「後期高齢者」という名称にみなさん強い不快感を持っていることがよく分かります。昨日もある会合で75歳の方が、「私は後期高齢者と呼ばれているらしいですが、どうか仲間としてこれからも付き合ってください」と挨拶をしました。
 冗談めかして話してはいましたが、この中にはどうして、私たちだけが後期高齢者として差別されなければいけないのかという悔しさが溢れていました。あわせて6月からは75歳以上の方が車を運転するときには紅葉マークを貼ることが法律で義務付けられました。これも不評です。まるで、車を運転してはいけないような印象を与えるからです。
 考えてみれば、初心者は若葉マークで、高齢者は紅葉マークというのも失礼な話です。若い人は芽が出たばかりの光り輝く「若葉」で、高齢者は落葉寸前の「紅葉」というイメージで、いかにも高齢者を軽視したマークだと思います。
 後期高齢者医療制度といい紅葉マークといい、これまで社会を支えてきてくれた皆様に対する敬意が全く感じられません。こういう考え方が行政の根本にあるから、やさしい政治や思いやりのある政治が実現しないのだと思います。
 私はよく言うのですが、50歳になったときも70歳になったときも、だれも初めての経験です。私は50歳二回目ですという人はいません。だれもが新しい感慨をもって誕生日を迎えて、新たな気持ちで活動していきます。75歳になって、初めての経験だからどのように過ごそうと張り切っているときに、75歳以上は別枠だと言われたら気分がいいはずがありません。行政が人を思う心を失ったらおしまいです。
 その意味で、何としても後期高齢者医療制度を廃止しなければなりません。根本にある考え方が間違っています。この法案を参議院で廃止決議したあと、衆議院でまた自民党が復活させたら、問責決議を出すというのは当然のことです。民主党もやっと覚悟を決めてくれたようで、少しほっとしています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー