記事一覧

クリーンな政治とダーティな政治

6月3日(火)
 関東地方も梅雨に入りました。例年より早いそうです。穀物にとってはなくてならない雨季ですが、私はどうも雨が苦手です。今日のように朝から雨が降っていると、なんとなく気分まで滅入ってきます。
 来週に資金集めパーティを開きます。毎年やっているのですが、こちらも毎年毎年、皆様に迷惑をかけていると心苦しく思っています。確かに政治には金がかかりますが、個人に負担いただくのは申し訳なく思います。せめて、政党事務所や最低の事務所費は政党で負担してほしいものです。そうすれば、無理をして毎年パーティを開く必要もなくなります。
 党費やサポーター費集めや、各種集会を開けば、そのたびに寄付を募る、政治に関わるとカネがかかるというのも政治が嫌われる原因の一つではないかと思います。個人負担をなくすために政党助成金という制度を導入させてもらったのですが、現実は党の維持のためにお金がかかって、なかなか個人の政治活動費にまで回ってきません。
 政治にお金をかけないクリーンな政治をと、よく言われますが、お金がかからない政治が必ずしもクリーンな政治ともいえません。民主党の政治は、国民が政治のことを知れば知るほどいい政治になると考えている政治です。したがって、政治活動にはお金がかかります。 
 一方、自民党の政治はなるべく、国民に政治を知らせない政治ですから、広報活動費はそんなにかかりません。それでも支持者を引き止めておく手段として、逆に政治家が寄付をするための金集めをしなければいけないという政治になっています。だから政治が金集めのための手段となるダーティな政治になってしまうわけです。
 政治の成熟のためには個人が寄付をした場合にきちっと税金の控除ができるように制度をかえなければいけないと私は考えています。
 さて、国会はまもなく会期末を迎えます。なんともしまりのない会期末になってしまいました。与野党で法案の共同修正が相次いでいます。こんなことなら、最初から融和路線をとればよかったのではないでしょうか。解散路線を突っ走りながら、途中から握手路線では、民主党はまたぞろぶれているとの批判を受けてしまいます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー