記事一覧

人気ドラマ「CHANGE」の“生方代議士”に思う

5月27日(火)
 昨日、キムタクさんが主演する人気ドラマ「CHANGE」を見ました。先週からたくさんの人にチェンジに生方議員が出ているから見てみろと言われていたからです。悪徳代議士だったら困るなと思っていましたが、昨日見た限りでは、なかなかいい役回りのようで安心しました。
 それにしても、落選中とはいえ実在の前代議士がいるのに、同じ名前を使うのはどうかと、知り合いのフジテレビの政治記者に電話をしてみました。もちろん他意はないが、ちょっとまずかったかもしれませんとのことでした。現職に復帰するまでドラマをやっていたら、本物も生出演させろと要求しておきました。
 ドラマは昨日、全くの新人が総理大臣になるというところまで進みました。なにやら9月の自民党総裁選挙で、まったくの新人を起用する前触れかもしれません。本当に最近の政治はなんでもありですから、ありえない話ではありません。
 昨日、キムタク候補は政治にシロウトの目が必要だと訴えていました。私も新人の頃は政治にシロウトの目をと訴えていました。いまになって思うと、シロウトの目も必要ですし、プロの目も必要ということです。
 原点は、政治家は国民の目線と思いを常に基本にしなければいけないということだと思います。自民党の政治は長くなりすぎで、国民の思いから乖離してしまった、ここに政権交代をしなければいけない最大の理由があります。自民党内の総裁タライマワシで終わらせてはなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー