記事一覧

どうしても問責を出すべきだ

5月21日(水)
 国会もすっかり静かになってしまったようです。解散に追い込むとずっとやってきて、最後の一押しをすれば解散という間際で、問責カードを切らず、むざむざ政権交代のチャンスを逃してしまったのは一体、何故でしょう。理解に苦しみます。
 この間、会った人から、等しく、どうして民主党は問責を出さないのか、出さないのは自民党との間に密約があるからではないか、といった疑問の声が発せられました。ここまで問責決議のための土台を作ってきて、全ての要素が整い、国民の期待もあったのに問責を出さない、それならば、それで問責決議を出さない理由をきちんと国民に説明しなければなりません。それをしないまま、ただ時間をやり過ごして、国民の不満を吸収することができなければ、今度は民主党に間違いなく批判がきます。
 今日の新聞を見ると、小沢代表は秋から年末にかけて選挙があるから、夏に草むしりをきちんとしておけと、発言したそうですが、なぜ、いまではなく、秋なのか説明がありませんでした。
 これからサミットがあって、オリンピックが始まれば、政治の季節は終わってしまいます。どうも小沢代表は9月の代表選挙のことしか頭になくなってしまったようです。せっかくの政局を党内政局に矮小化してしまったのは解せません。昨年の大連立の失敗に続く今度の失敗ですから、私は民主党の代表を変えたほうがいいと思わざるをえません。
 まだ会期末まで時間は残っているのですから、もう一度体制を立て直して、是非、問責決議を出すように皆様も党本部にメールを送ってください。
 民主党本部メールアドレスは press@dpj.or.jp

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー