記事一覧

民主党は政権交代のチャンスを逃すな

5月13日(火)
 今日、自民党は三度(みたび)、衆議院で再議決をしました。民主党はこれに対して、問責決議を出さないようです。参議院をこれほどコケにされて問責を出さないというのはどういう判断なのか、私には理解不能です。
 今日の朝日新聞には民主党が福田内閣を攻めない今が、自民党にとって立ち直りのチャンスと書いてありました。ここまで国民の思いと乖離した政権は過去にありません。まして、郵政選挙で得た3分の2の多数をこれほど無神経に使っている政権もありません。それにもかかわらず、何もしないというのは国民を今度は民主党が裏切ることにならないでしょうか。
 後期高齢者医療制度で、国民が怒り、暫定税率復活で、怒り、少し前には行方不明の年金で怒っていました。その怒りをぶつける場は総選挙しかないはずです。不満が鬱積している時に、その思いに応えるのが野党第一党の役割であるはずですが、どうも、民主党にはその気がないようです。
 福田内閣は国民から不信任を受けているから、ほっておいても倒れると高をくくっているようですが、次の内閣になれば、風向きが変わります。最後の詰めを怠ればそのツケは今度は民主党に回ってきます。最大の政権交代のチャンスを逃してしまうとしたらこんな残念なことはありません。
 世論調査では問責決議が可決されれば、福田内閣は解散総選挙をするべきだという意見が多数です。総辞職は少数ですから、ここで問責を可決して福田内閣で総選挙をさせるという戦略をとるのが民主党にとって、もっともいい選択だと私は考えますが、皆様はいかがでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー