記事一覧

政界再編の波に民主は巻き込まれるな

5月7日(水)
 今年の連休は事前の天気予報に反して、あいにくの空模様でした。私も殆ど連日、街頭で演説をしましたが、人出も例年に比べて少ないようでした。やはり天気がはっきりしないといまいち気分が盛り上がらないようでした。それでも、たくさん声をかけて頂きました。政治の流れを変えて欲しいという願いは、いまや国民共通の願いとなったようです。 
 さて、国会も来週の道路予算10年計画の再議決を巡る攻防が始まります。問責決議を出すのか出さないのかはっきりしません。なかなか自民党を解散に追い込める手段が見つからないようです。支持率で民主党と自民党が逆転しました。このチャンスを何とかいかしてほしいものです。
 やはり、民主党が握っている唯一の手段は問責決議です。解散に追い込むためには問責を決議するしかないと思います。自民党が無視をするといっても世論の反応次第ではできなくなります。問責を出さなければ事態が変わりません。局面を転換するためにも、一番いいタイミングで問責決議を出すべきだと依然として私は考えています。
 ところで、連休中のマスコミでは政界再編のことを結構たくさん扱っていました。自民党を離党した人が総選挙の前に新しい政党を作って、国民に信を問うことは重要だと思います。しかし、それはあくまで自民党とその周辺部であって、これから政権交代を目指す民主党が再編の旗を振る必要は全くありません。政権を担う政党としてどっしりと構えて信頼感を得るような行動をすることが重要です。ここでまた、バタバタしてしまえば、せっかくの高支持率もすぐに下がってしまいます。民主党の、特に若い議員に自制を求めたいものです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー