記事一覧

山口補選、国民は怒っているぞ

4月28日(月)
 昨日行われた山口2区の補選で民主党の平岡候補が勝利しました。世論調査で勝つことは予想していましたが、二万票以上離しての勝利は予想以上でした。山口県という保守王国でもこれだけの大差で勝つということは、いかに自民党離れが全国的に進んでいるかを象徴的に表していると思います。
 今回の選挙は、福田内閣になってから最初の国政選挙でした。焦点は福田内閣の信任と、暫定税率の復活の是非、4月から導入された後期高齢者医療制度でした。この三つに対して国民から明確なノーが突きつけられました。
 それでも福田内閣は知らん顔を決め込んで、30日にも暫定税率を復活させるつもりのようです。さらには来月12日以降、道路10年計画を盛り込んだ特例法も復活させるつもりのようです。余りの支持率の低さに、もうこれ以上低くはならないとばかりの開き直りとしか見えません。
 4月からあらゆる物価が上昇しました。それでもこの程度ですんでいたのは、流通経費の基礎となるガソリン代が25円値下げされたからに他なりません。今度、暫定税率が復活してガソリン代が上がれば、逆に物価上昇に歯止めがかからなくなります。賃上げもままならない中、物価だけが上昇すれば、あとは生活費を切り詰めるしか方法はありません。
 もはや総理に退陣してもらうしか、生活の防衛のしようがありません。しかし、肝心の解散権は総理にあると自民党は主張しています。解散権は総理にあるといっても、それは自分が総理の時に行った選挙で勝った場合の話です。いまの衆議院の議席は福田総理の前の前の小泉政権のときに獲得したものです。それを根拠に、解散権は福田総理にあると言われても、とても納得できるものではありません。
 選挙で負けても、その結果を無視、問責決議案が可決されても、知らん顔を決め込む。あげく国民から支持されていない法案を次々と通されたのでは、国民はたまりません。国民世論の力で一日も早い福田内閣退陣と総選挙を勝ち取りましょう。

ファイル 112-1.jpg 今朝の八柱駅頭での朝立ち

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー