記事一覧

イラク派兵、違憲判決を無視していいはずがない

4月22日(火)
 先週、名古屋高裁で日本政府のイラク派兵について憲法9条1項に違反する行為が含まれているという画期的な違憲判決がでました。
 戦闘地域であるバクダットで活動し、かつ兵員などを運ぶことは戦闘行為に当たるというごく当たり前の判断が出たことが画期的といわれなければいけないところにいまの日本のおかしさがあります。
 さらに、この判決に対して、福田総理は「傍証でしょ」と、全く違憲判決に対して無関心を装いました。また、自衛隊の制服組は「そんなの関係ない」と全くの無視を決め込みました。
 言うまでもありませんが、日本は民主主義国家です。司法、行政、立法の三権が分立し、お互いがお互いをきちんとチェックしあうことによって、民主主義が機能するようにできています。
 しかるに、高裁の判断に対して行政府が、全くそれを無視して平然としている。これでは三権分立は成り立ちません。本来であれば、この判決を受けて、行政府は違憲状態を解消するべく、直ちに、イラクに派遣されている航空自衛隊を撤退させなければならないはずです。それをしないで、行政府が違法状態を放置するということは、法による統治を行政府、もっといえば自民党が放棄したということに他なりません。
 イラクへの攻撃は国連の決議も受けていませんし、攻撃の根拠となった大量破壊兵器がなかったことも立証されています。戦争の当事者である米国でも、あのイラク戦争は間違っていたという意見が大半です。英国でも豪州でもイラクへ派遣したことは間違いだったと認めています。一人、日本だけがイラク戦争が間違っていたという正式な判断をしていません。米国がやることに対しては何も言えない、という態度がここでも貫かれています。なんとも情けないことです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー