記事一覧

政界再編のキーはアジア

3月19日(水)
 昨日の夜、ある自民党の大物議員と話をする機会がありました。政界再編が話題になり、何を軸にして再編が起こるかということについて、その人は「アジアを重視するか、アジアを嫌っているかが一つの軸になるのではないか」という見方を示しました。
 この人がいうには、世界の経済運営は20~30年前から新自由主義経済に大きく変化した。それを実行に移したのがイギリスのサッチャー政権であり、米国のレーガン政権だった。100資金が必要なところに95くらい資金を投入すれば、自然と資金は必要なところに流れる可能性が高い。しかし、100しか必要としていないところに150も200も資金を投入すれば、必要以上に資金が流れるところと、資金が不足するところが必然的に出てくる。それが近年酷くなり、格差社会となってしまった。現在ではだぶついた資金が原油と金と小麦などに流れて、迷惑を受ける国と潤う国が分化しているというのだ。
 アジア重視派は格差を拡大させないために政府ができることがあると考えている人が多く、アジア軽視派は経済運営は自由にすればするほどいいと考えている人が多い。言い方を変えればアジア軽視、米国重視派は自由主義経済をこれからも追求していく。これに対し、アジア重視派はある程度政府が資金の流れに関与して、格差の拡大を防ぐべきと考えているというわけです。
 これだと確かに自民党内にも二つの流れがあるし、民主党内にも二つの流れがあり、くっきりとわけることができます。これはハト派とタカ派というわけ方ともかなり重複します。こうした区分で政界再編が行われれば、いまと政界地図はかなり変わったものになるはずです。
 もう一つ、この人が言っていたのでおもしろかったことは、自民党を支えていた保守派が崩れてきたという点でした。保守派とは何か。この人がいうには自分は保守だと名乗っていた人は、地域の催しなどに積極的に参加し、まとめ役を果たしてきた人たちだといいます。
 この人たちは会合があれば黙ってそっとポケットマネーをだし、みんなが週に1~2日顔をだせばいいところ4~5日顔をだしてきちんと仕事をする。それによって地域社会が支えられてきた。そういう保守派の人たちが存在できなくなってきた。それが、自民党の本当の危機だという話でした。小泉改革によって、保守派の人たちが存在する基盤そのものが崩壊してしまったのが大きな理由だとこの人は分析していました。
 選挙後には政界再編が予想されていますが、こういう分かれ方になるのかどうかも含めて、非常に参考になりました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー