記事一覧

子供だましの内閣府ポータルサイト

4月25日(火)

 今日は、北朝鮮軍発足85周年の記念日です。この機会に北朝鮮が核実験とか、新ミサイル実験など、新たな挑発行為をするのではないかと心配されますが、いまのところ、不穏なニュースは流されていません。

 北が挑発行為をして米国が、それに反発して武力行使をすれば、韓国だけではなく日本にも報復の攻撃がなされることが想像されます。

 国民の不安が高まって、内閣府が作った国民保護ポータルサイトにアクセスが殺到しているとのことです。

 どんなサイトなのか覗いてみました。いわく、屋外にいた時には速やかに頑丈な建物や地下街に逃げ込む、建物がない時には物陰に身を隠す、屋内にいた場合は窓から離れる。とかが、対策だというのです。

 本気で、こんな対策で防げると政府は考えているのでしょうか。相手はミサイルです。しかも核や化学兵器による攻撃も考えられます。それも10分以内に飛んでくるのです。この程度で防げるはずがないことは子供でも分かることです。
 
 北が攻撃してくるかもしれない、と不安を煽っておいて、対策がこれでは、お粗末を通り越しています。

 だから、防空壕を作るなど、もっと大規模な対策を打てと言っている訳ではありません。もし攻撃を受ければ、100万人単位で被害がでるということです。とても、防げるわけではありません。

 避難訓練を定期的に実施し、防空壕などの整備を進めている韓国でも、北が攻撃をしかけてくれば、あっという間に、最低でも100万人単位で被害がでるということです。

 つまり、戦争をするわけにはいかないということです。政府は、こんな何の役にも立たない対策サイトを作るのではなく、もっと真剣に危機を取り除くために、北を会談の場に引きずり出してこなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

政令市問題を考える「特別市民フォーラム」を開きました

ファイル 773-1.jpgファイル 773-2.jpg

4月24日(月)

 昨日、松戸市民劇場で鈴木康友浜松市長を迎えて「政令市移行は地域活性化の起爆剤」という演題で講演会をしました。

 鈴木市長は2000年の衆議院選挙で当選し、私と一時期、衆議院議員として一緒に活動していた仲で、今回の講演を快く引き受けてくれました。

 一人で浜松市からスーツケースを引き釣りながら来たところが、いかにも鈴木市長らしく、変わっていない姿がうれしかったです。

 日曜日にもかかわらず、たくさんの方に着て頂きました。ありがとうございます。

 私は政令市にすることが松戸や市川の活性化につながるのではないかと、思い、そういう観点から鈴木市長に話をしてもらえると思っていましたが、鈴木市長の考え方は違っていました。

 大事なのはいかに、市の権限を強めるのかということで、いまの政令市では十分ではないということでした。

戦後すぐにできた地方自治法には特別市制度が盛り込まれていました。しかし、権限を奪われると府県が反対し、1956年に地方自治法が改正され、権限移譲を弱めた形で出来たのが政令市だという話でした。

鈴木市長は、この特別視制度を復活させることが、地方分権を進める最高の手段だと訴えました。今の政令市では、依然として県の干渉があり、地方分権が思うようにすすまないということでした。

 そこで、いま全国の政令市長や国会に、特別市を復活させるように働きかけているということでした。そうすれば、特別市に権限が集まり、道州制導入への道が開かれると鈴木市長は話しました。

 また、もう一つ、私は人口を増やして200万以上の政令市にするのがインパクトがあると考えていましたが、鈴木市長は50万から100万人の人口がもっとも、市としてのまとまりが、保てるという話でした。

 ただ大きくすればいいということではないようです。

 非常に参考になる考え方でした。ともかく、意欲のある市長がリーダーシップを発揮することが、地域を元気にする一番だと、つくづく感じました。

 市民の皆様と一緒に、この問題はこれからも考えていきたいと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

“安倍高支持率神話”に終止符を

4月21日(金)

 これを末期症状と言わずして何というのでしょうか。

 自民党議員の不祥事が相次いで起こっています。稲田防衛大臣、金田法務大臣、今村復興大臣、山本地方創生大臣など、そもそも大臣になる資質の無い人間が大臣になり、相次いで暴言をしています。この他に古屋選対委員長も沖縄の人を侮辱した発言をしました。

 ふつうの状態であれば、とっくに辞任していなければいけないにもかかわらず、安倍内閣は高い支持率に胡坐をかき、開き直っています。

 安倍総理その人の妻が、ウソをついたかもしれない件に関しても、何の調査もしないまま放置されています。総理は総理本人に対する疑惑と言ってもいい事案にもかかわらず、平気でわれ関せずの発言をくりかえしています。

 上がそれならということでもないでしょうが、副大臣や政務官にもひどい人間がたくさんついていることが次々に明るみにでています。中川政務官の件に関しては、政務官どころか議員、ひいては人間としても失格です。

 末期症状になっているものを放置したら死に至ります。日本の状態はそれに近づいています。

 この状態が放置されているのは、ただただ支持率が下がらないということから起こっています。

 安倍政権も5年目を迎えて、長期政権の弊害が顕著になっています。驕り、たるみ、ゆるみ、全ての悪い面がいま、噴き出しています。こうした不祥事が重なれば、いずれボディブローのように効いてくるはずです。

 あっという間に支持率が下がる日を心待ちにしています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

いまこそ冷静にならなければいけません

4月17日(月)

 世界がきな臭くなってきています。米国はシリア爆撃に続き、アフガンで原爆以外で最も威力がある爆弾をアフガンに落としました。そして、次はオーストラリアに向かっていた空母艦隊を朝鮮半島に向かわせました。

 折から北朝鮮では金日成誕生105年記念祝典が開かれており、北朝鮮は式典終了後直ちに対抗手段としてミサイル発射実験を行いました。

 このままエスカレートすれば、米国が北朝鮮に攻撃をしかけることもあるのではないかと懸念されます。

 米国大統領府は軍事以外の平和的手段で、北朝鮮に無謀な試みを止めさせるために努力すると、一応、軍事行動は自粛する声明を出していますが、だからと言って、安心という訳にはいきません。

 米軍が軍事行動をすれば、北朝鮮が反撃をすることは、100%間違いありません。韓国と日本がその対象です。日本がやるべきことは、トランプのこうした直情的な行動を無批判に支持することではないはずです。

 軍事手段に訴えれば、被害は日本、韓国の国民ばかりではなく北朝鮮の国民にも及びます。万が一核が使われるようなことがあれば、被害はけた違いになります。そうなる前に、何としても北朝鮮を交渉の場に出さなければいけません。

 北朝鮮の行動に腹が立ちますが、ここは冷静に対処しなければいけません。まず、話し合いのテーブルに出すことが重要です。

 今は疎遠になりつつありますが、中国と日本の間にはかつて太いパイプがありました。それを活かすべきです。金正日の行動には腹がたちますが、もうすでに核もミサイルも持っているのですから、それを前提として考えなければなりません。

 話は変わりますが、松戸市の小学生が殺害されるという悲劇が起きました。犯人は保護者会の会長ということで衝撃が走りました。

 実際には会長が犯罪を犯したというより、自分の欲望を満たすために会長になったという面が強いようです。とんでもない話です。黙秘しているというのも許せません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで


     ★生方幸夫「特別市民フォーラム」のご案内

日 時   4月23日(日)午後6時30分

場 所   松戸市民劇場 大ホール

演 題   「政令市移行は地域活性化の起爆剤」

講 師    浜松市長 鈴木康友氏

会 費   無料

いまこそ知性が必要です

4月7日(金)いまこそ知性が必要です

 今朝、アメリカがシリアの空軍基地を攻撃しました。トマホークを59発撃ち込んだそうです。シリア政府がサリンと思われる化学兵器で自国民を殺したことに対する報復であることをトランプ大統領が認めました。

 ちょうど中国の習近平主席が訪問中のことで、これで米中会談は吹っ飛んだ格好になってしまいました。

 誰がやったか定かではありませんが、一般人に対して化学兵器による攻撃が成されたことは確かです。先日VXガスで金正男氏が殺害され、その効果の凄まじさが残っている時の攻撃だけに、衝撃も大きかったことは確かです。

 たくさんの子供や女性が犠牲になりました。攻撃をした側を許すことはできません。私は報道以上の情報を持っているわけではありませんから、断定はできませんが、これまでのアサド大統領の行動から見て、シリア政府が攻撃をした可能性はかなりあります。

 それでも断定できるわけではありません。きちっとレーダーの爆撃機の航跡を辿り、シリア軍基地から出た爆撃機が、攻撃をしたことを証明しなければ、今度は報復をした米国が避難されることになります。

 化学兵器による攻撃はもちろん、国際法上認められていません。したがって、もしシリアが攻撃したのであれば、きちっと国連で措置をしなければならない問題です。しかし、北朝鮮のミサイル実験をとっても国連決議に違反しているに、きちっとした制裁を科すことができません。

 国連が機能しないのであれば、米国が独自に攻撃をするという意思を、トランプ政権が示したとも受け取れます。

 これを北朝鮮に当てはめると、米国がいつ北朝鮮を攻撃してもおかしくないということにもなります。北朝鮮が攻撃されれば、直ちに日本に報復がくる恐れがあります。米国本土を攻撃する能力を北朝鮮が持つ前に叩いてしまおうと、米国は考えるでしょうが、その間で、一番の被害を受けるのは日本です。

 敵基地攻撃能力を持つべきだと、自民党の一部は考え始めています。専守防衛という憲法から逸脱します。攻撃をされたら反撃をするといっていますが、それなら攻撃をされる前に叩いておけ、ということに転換するまで、時間はかかりません。

 こうしてこれまでの戦争は起こってきました。シリアを巡ってはロシアが、北朝鮮を巡っては中国が後ろに控えています。

 世界中でこらえ性がなくなってくれば、本当に第三次世界大戦が起こってもおかしくないと思えるような昨今です。第一次世界大戦が終わった時、もうこんなひどい世界大戦は起こらないだろうと、みんな思ったのに、現実にはほんの21年で第二次大戦が起こってしまいました。

 世界に知性が必要です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

だんだん安倍政権の本質が露呈してきた

4月5日(水)

 松戸でもようやく桜が満開になりました。

 桜が満開になれば、春が来たとみんな、いい気分になるはずですが、今年の春は何かもやもやした雰囲気に満ちています。

 森友学園事件も真相の解明は進まず、負の遺産だった教育勅語が変な方向に向かっています。教育勅語は、天皇が支配する社会を肯定したものです。戦前の明治憲法の下で、主権は天皇が握っていた時代、国民の守るべき道徳を説いたものです。

 主権が国民に移った戦後すぐに衆参両院で教育勅語を否定する決議が出されました。それがここにきて、全てを否定するべきではない、とか教育の現場で教育勅語を教えても問題はない、などの発言が閣僚から相次ぎました。

 教育勅語の一部を取り上げて「いいことを言っている」と言っていた閣僚がいましたが、結論は天皇の為に国民は命を投げ出さなければならない、ということです。事実、この教育方針の下、多くの若者が赤紙一枚で戦地に送られ、犠牲になりました。

 戦後の教育は、「若者を戦地に送るな」というところから始まったはずです。戦後70年たって、若者を戦地に送った側は全てを忘れてしまったようです。

 おかしなことはまだあります。道徳の教科書で、パン屋さんを和菓子屋さんに変えたり、消防団員を若い人からお年寄りに変えたり、公園の遊具を和楽器屋さんに変えたりと、訳の分からない変更が成されたそうです。

 テレビでは「日本すごーい」風の番組が流行っていますが、なんでも日本がいいという風潮を政府とマスコミがこぞって流しているようです。

 当たり前のことですが、すごい面もあるが、ダメな面もたくさんあるのが日本です。それを素直に教えることが、教育です。

 体育の授業で銃剣道を教えることも決まったようです。銃剣道と聞いて、一番に思うのは、戦前に米軍が上陸したら竹やりで防備する、そのための教育の一環として行われたということです。なぜ、いま、そんなものを教育の現場に強いなければならないのでしょうか。

 安倍政権の戦前回帰の動きを、それこそ文科官僚が“忖度”してこんなことになっているとしたら、恐ろしいことです。

 政権もあまり長く続くと、どんどんボロがでてくるものです。そろそろ、安倍政権を変えないと、もう後戻りができないことになってしまいます。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

民進党発足から1年:街宣活動

ファイル 768-1.jpgファイル 768-2.jpgファイル 768-3.jpg

4月2日(日)

本日は朝から今まで、各所で街宣活動を行いました。市川市議会議員の石原よしのりさん、(松戸市選出)千葉県議会議員の松戸たかまささんと共に森友・加計学園の問題等を訴えて参りました。

間違えた判断の積み重ねが国を亡ぼす

3月29日(水)

 昨日、大阪高裁で高浜原発の運転差し止め仮処分を下した大津地裁の判決が覆され、一転して高浜原発の再稼働が可能になる判決が下されました。福島第一原発の教訓を忘れ、日本は再び、原発安全神話の国に逆戻りしてしまったようです。

 福島第一原発の教訓は、あらゆる事態を想定しても、それ以上の事態が起こりうるということでした。そして一度、原発事故が起これば、それは取り返しのつかない事故になり、二度と回復しようがないということです。

 事故がすぐに起こらないとしても、原発を稼働させれば、使用済み核燃料が確実に溜まっていきます。その処理方法はありません。また、点検をするたびに作業員は確実に被爆します。そんな危険を労働者に強いる原発を稼働させていいはずはありません。

 どうして政府は再稼働を急ぐのか。国民のことより経済を優先しているからに他なりません。原発を所有している電力会社は日本を代表する大企業です。その株をたくさん所有しているのが銀行です。

 原発が再稼働できれば、電力会社にとって原発は財産です。しかし再稼働ができなくなれば、単に、大金をかけて廃炉処分をしなければならない負債となります。

 そうなれば、電力会社はいっきに債務超過となり上場廃止となります。それで困るのは大株主の銀行ということになります。それを阻止するために無理やり再稼働をさせようというのが真相です。

 大企業を守るために、国民生活を犠牲にしていいはずはありません。

 全く間違えた判断という点では一緒なのが、昨日、国連で始まった「核兵器禁止条約」制定交渉会議に日本が議論にも加わらないという判断をしたことです。

 唯一の被爆国として核兵器廃絶に向けて先頭に立たなければいけない日本が、またまた米国に過剰に配慮して、テーブルにすらつかないという判断をしました。情けないを通り越して、怒りが湧いてきます。

 核保有国が参加していないから、日本が参加しても意味がないというようなことを外相は言っていましたが、ようするに米国がダメと言ったから、参加しないということです。これでは、日本はどこの国からも相手にされません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

寒い一日です

3月27日(月)

 松戸に住む9歳のベトナム籍の女の子が殺害されました。

 私もあの地区を戸別訪問したので、もしかしたらその時に家族の方と会っていたかもしれません。女の子の自宅のあるあたりは、松戸の中心部に比べると、空き地が多い地域です。それでも、小学校の生徒が通学する時間帯は多くの人目があるはずです。どうして、そんな中で連れ去られてしまったのか、不思議です。

 日本で生まれたのか、ベトナムで生まれて日本に来たのか分かりませんが、こんな悲惨な目にあって気の毒というしかありません。一日も早く犯人が捕まるのを祈るだけです。

 今朝、那須高原で登山訓練中の高校生が雪崩に巻き込まれて多くの犠牲者がでたと報じられています。今日は平地でも大変寒い日ですから、山は真冬と想像されます。

 大雪だったのでしょうから、今日の訓練は中止と、誰かが早めの判断をしていれば、こんな悲劇は起こらなかったはずです。

 一校だけが参加していたのなら、中止という決断を早くできたのかもしれません。しかし、多数の高校が参加していたとなると、判断が遅れた、ということがあったのかもしれません。残念でなりません。

 参議院で加計学園の問題が取り上げられていました。森友学園とは違って用地がただで加計学園に渡され、獣医師大学に化けたという事案です。籠池氏は安倍総理とは直接関係が薄かったようですが、加計学園の理事長は、総理のゴルフ仲間です。

 総理肝いりの特区に指定して、大学を無理矢理建てようとしたようですから、こちらも第二の森友学園事件になる可能性を秘めています。加計学園関係ではまだ、疑惑があるようですから、今後の真相解明に期待します。

 さらに昨日は千葉知事選が行われました。投票率が注目されましたが、前回よりもさらに低い31.18%でした。三人に一人も投票に行かないのですから、これでは誰が選ばれても信任されたとは言えないのではないでしょうか。

 有権者が関心を持ってくれない事には政治を良くしようがありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

どちらがウソをついているのか、はっきりさせてほしい

3月23日(木)

 今日、証人喚問が行われました。午前は参議院、午後は衆議院で籠池証人に対して、質問が行われました。

 焦点は二つでした。本当に100万円が渡されたのか、政治家の介入があったのかどうかの二点です。

 まず、一点目、幼稚園での講演の後、昭恵夫人から100万円をもらった時の状況について、籠池証人が細かに発言しました。人払いをして二人だけの時に100万円もらったという話ですから、事の真相は二人しか分からないことになります。

 もう一方の昭恵夫人の方はマスコミの前に出てきていません。菅官房長官が夫人の発言を代弁するだけですから、ここは昭恵夫人もマスコミあるいは国会に出てきて発言する義務があると思います。

 二つ目の政治家の介入ですが、これは総理あるいは総理夫人が関与した可能性があるのかどうか、とその他の政治家の介入があったのかどうかの二点でした。

 総理夫人が介入したのではないかという話でファックスの存在が明らかになりました。籠池証人が昭恵夫人に電話をし、それを受けた形で昭恵夫人の秘書の役割を果たしていた公務員が、役所に働きかけたという事実が明らかになりました。

 ファックスでは、相談を受けたことに対しての返事はノーとなっていました。これを受けて自民党では「関与はなかった」としています。しかし、その後の展開では籠池証人が「神風が吹いた」と言っているようにスムーズに進んだということですから、役人の忖度があったのか、他の働きかけがあったのかどうか、これからさらに精査しなければなりません。

 安倍総理は森友学園について私、あるいは夫人が関与していたことが明らかになれば、総理はもとより国会議員も辞めると国会で見えを切っています。ファックスや献金について、さらに調査が必要です。

 今日の証人喚問では、総理以外にも沢山の政治家や役人の名前が出てきました。これらの人たちにもどういう役割を果たしたのか、そうではなかったのかはっきりさせなければなりません。

 与党の質問は証人がいかに信用できない人間かに焦点が当てられていました。それまで、その思想故に持ち上げていた人間を、掌を返したように、ウソつき呼ばわりするのですから、こちらも信用できません。

 いずれにせよ、たった一人の人間の証人喚問を一回だけしても、真相は明らかにはなりません。第二第三の証人喚問をしなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ページ移動