記事一覧

ことの重大さを理解していない安倍総理

3月1日(木)
 昨日の深夜、今年度の予算案が衆議院本会議を通過しました。
 立憲民主党の阿部知子さんが1時間に及ぶ大演説を行うなど、首相が進めようとした裁量労働を拡大する法案に対しての批判が多く出されました。
 意図的であったかどうかは定かではありませんが、ともかく出鱈目の数値を元に、裁量労働を広めようということは決して許されることではありません。
 総理も観念したのか、今朝未明に目玉政策であった「働き方改革法案」から、裁量労働の部分を削除することを発表しました。
 これは当然の話なのですが、総理が本当に反省しているのか私には疑問です。
昨日の採決は午後11時を過ぎるまで行われました。記名投票の際に、自民党の議員が隣の議員の指名札を自分のと間違って投票するなど、相変わらず緩んだ態度が目立ちましたが、たるんでいたのは一般議員だけではありませんでした。
 私の席はちょうど、大臣席と同じ列で、大臣の顔がよく見えます。11時過ぎに横を見ると安倍総理と、野田総務大臣、茂木大臣の三人が、野党が演説しているにも関わらず、おしゃべりに興じていました。
 今国会の目玉政策を削除しなければいけないのですから、これからの政権運営にも重大な影響を与えます。深刻に受け止めなければいけない事態なのに、なんの緊迫感もありませんでした。
 裁量労働を拡大すれば働かされすぎて過労死を生む危険性があります。ことは人命にかかわることです。
それでも、やはり総理にとっては他人事なのでしょう。そうでなければ、野党が真剣に批判しているときに、それを聞かずに、同僚とおしゃべりなどできるはずはありません。
 こんな人が総理をやっていると思うと、悲しくなります。
 裁量労働制と共に、評判の悪い専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」も削除にまでもっていかなければいけません。

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで