記事一覧

危機を煽るのではなく冷静に考えよう

9月16日(土)

 昨日、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。いくら国際社会が批判しても、全く意に介さず暴挙を繰り返す、となりのバカ坊ちゃんには呆れるばかりです。

 前回よりも射程が1000キロ伸びたとのことで、米国本土を狙うICBMにまた一歩近づいたようです。米国にとっての脅威は確かに増しました。

 しかし、日本はすでに北のミサイルの射程の中にあり、すでにミサイルが実践配備されていますから、今回のことで脅威が更に増したということはありません。強いて言えば、北がミサイルや核開発に、国際社会の批判があっても怯まない事が明らかになったことです。

 それにしても、昨日の朝からの大騒ぎぶりには、戸惑いを覚えた方も多いのではないでしょうか。

 日本の上空を飛ぶと言っても、飛行機が飛ぶ50倍もの上空をたった4~5分飛ぶだけです。その間にミサイルが分解して日本に落ちてきた場合に備えてJアラートが発せられたそうです。

 新幹線を止めたり、学校を休校にする必要が本当にあるのでしょうか。やたらと危機を煽ってもいいことは何もありません。この間、政府はミサイル防衛網を強化する武器購入を次々と進めようとしています。

 防衛網を強化すれば、さらにそれを突破するミサイル網を強化する。歴史上繰り返されてきた、軍拡の道です。その先にあるのは、思わぬ偶然が重なり、とんでもない戦争に発展するという過去です。

 この連鎖をやめることが、日本に課せられた使命です。それを、まさに北朝鮮に便乗する形で米国から言い値で武器を購入し続けることが、本当に日本国民のためになるのでしょうか。

 防衛費を増やせば、税収が増えている訳ではないので、どこかの予算を削るか、未来世代に借金をするしか方法はありません。削る予算は福祉や教育費ということになります。無限に予算があるわけではないことをきちっと理解しなければいけません。

 それにしてもまた安倍内閣の支持率が回復しているというのには驚いてしまいます。北からの脅威に晒され内閣に期待したいという感情は理解できなくもないですが、それにしても支持が不支持を上回るという結果には唖然とします。

 民進党にもその責任の一端がありますが、安部路線をそのまま進んでいいのかどうか、国民的議論が必要です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー