記事一覧

危機を煽っても、いいことは何もない

8月30日(水)

 昨日の朝、北朝鮮がまた、ミサイルを発射し北海道上空を通過しました。腹立たしい限りです。
スーパーコピー
 北朝鮮がこうした挑発行為をすれば、政府はそれに対抗してミサイル防衛網を強化する、北はさらにそれの上をいく潜水艦ミサイルの開発を進める、こうして軍事的緊張が更に高まっていき、最後は不測の事態にもなりかねない、誰もが望んでいない結果になる危険性があります。

 北朝鮮がミサイル開発を止め、核兵器を放棄してくれれば一番いいのですが、今の状態では、望むべくもありません。金正恩はこれしか、自分が生き延びる道がないと信じ込んでいるのでしょうから、無理です。

 国際社会は北に対して経済制裁を科していますが、残念ながら余り効果を発揮していません。

 北が望んでいるのは米国との直接対話です。やりたい放題やって、自分たちの主張を飲ませようとする、こんな手法が罷り通ったら大変ですが、ともかく話し合いのテーブルに出てこさせなければ平和的解決の一歩は踏み出せません。

 トランプの米国と金正恩二人で話させたら、どんな結論がでるか予想がつきません。やはり最低でも6か国協議に参加している日本、韓国、中国、ロシアの4か国が参加して、協議をするしかありません。その呼びかけを日本がしなければなりせん。

 しかし、昨日の日本の対応は冷静と言えたのでしょうか。安倍総理は「これまでにない深刻かつ重大な脅威」という談話を発表し、テレビも朝から大騒ぎでした。

 これまでにも日本を二発の北朝鮮ミサイルが通過しています。すでに北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込む軍事力があることは既成事実です。いま大事なことは冷静に対応することです。

 ミサイルが日本に着弾すれば、これはもう戦争です。Jアラートが発令されて近くの鉄筋の建物に避難したり、地震の時のように椅子の下に隠れても身は守れません。

 つまり、Jアラートを発して避難訓練をしても何の役にも立たないということです。それでも訓練をさせるのは、危機を煽る行為と言わざるをえません。そんなことを口実に軍事費を膨張されてはたまったものではありません。

 ミサイルを撃ち込まれたら防ぐ手段はありません。だから撃ち込ませないように外交交渉をするしか手はないのです。粘り強く、交渉をすることが政治です。やたら危機を煽るのは政府のやることではありません。

 さて、いよいよ民進党の代表選挙が1日に行われます。今度の選挙の最大の目的は政権交代可能な野党を再構築することです。大事なことは選挙によって党の遠心力を高めることではなく求心力を高めることです。

 だから私は、両候補にその一点で頑張ってほしいと訴えてきました。主張は枝野さんに近いことは言うまでもありません。でも、どちらが勝っても党を分裂させるようなことがあってはなりません。それで喜ぶのは与党だけです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー