記事一覧

どうして先週末に世論調査をしないのか

8月3日(木)

 内閣改造が行われました。さしたるサプライズも期待感もない改造でした。

 安倍さんは当面、これで批判を封じることができると考えているのでしょうか。

 閉会中審査をしたものの、森友、加計学園問題、稲田前防衛相の隠ぺい問題も、真相はやぶの中のままです。安倍総理はこのまま、時間がたてば国民は忘れて、支持率も回復すると考えているのでしょうか。

 それは間違いだということを、国民は示さなければなりません。

 それにしても納得できないのは、先週末にマスコ各社は世論調査を実施しなかったことです。閉会中審査を経て、納得がいかない国民が多かったはずで、先週末にはさらに支持率は下がっているはずです。

 それこそ、マスコミ各社は安倍総理の改造を“忖度して”あえて世論調査を実施しなかったのではないかと思えてなりません。

 話題の中身が疑惑解明から、新内閣の顔ぶれに移れば、多少は支持率は回復するかもしれません。それまでは、さらに下がるであろう世論調査を実施しないというのでは、これまでの安倍一強時代と何も変わらないのではないでしょうか。

 また、安倍内閣の支持率低下と、セットになって報じられているのが、民進党の支持率が伸び悩んでいるという点です。

 これでは、「安部もダメだけど民進もな」、という感情に国民を導いてしまいかねません。

 昨日、地元を回ってきましたが、それまでは安倍さんに対する冷たい空気ばかりでしたが、昨日は、民進党に対して厳しい意見が増えました。まだ、安倍政権による、マスコミコントロールが効いているようです。

 一部マスコミでは民進党は解党するべきだという意見も出ています。解党してどうするのかという考え方はどこにも示されていません。野党第一党が解党すれば、日本には与党に対抗する勢力がいなくなってしまうということになります。

 それこそ、安倍さんを喜ばせるだけです。民進党は自民党にきちんと対抗できる政策を打ち立てなければなりません。それが批判を支持に変える唯一の道だと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで