記事一覧

悪い冗談のような安倍政治、もはや末期症状か

7月8日(土)

 変なことが続いています。あの国民を全く無視して政府擁護の発言を繰り返してきた佐川某が、なんと、国税庁長官になりました。

 国民の財産である国有地をただ同然で当時の総理夫人の友人に譲ろうとした人間が、こともあろうに、国民から税金を集めるトップになろうとは、今日の新聞の投書に出ていましたが、ブラックジョーク以外の何ものでもありません。

 公務員は全ての国民に奉仕しなければいけないのに、安倍政権擁護にだけ全力を上げていた人間が、論功行賞で出世する。公務員全体の悪い見本です。こんな人間しか出世できないと分かれば、公務員全体の質が劣化します。

 一方、国民もこれでは真面目に税金を納めるのが嫌になります。納税を拒否する人が続出するのではないでしょうか。

 稲田のことは書きたくもありませんが、また、九州で大災害が発生している最中、政務といっていますが、恐らく支持者と昼食を食べに行ったのでしょう、1時間以上も防衛省を空けました。これでも辞めさせないのですから、常軌を逸しています。

 安倍さんは得意の外交のようですが、一体、あの親ロ外交はどうなったのでしょうか。結局はプーチンの北方領土開発の手伝いをさせられただけで終わったようです。

 「こんな人たちには負けない」発言は一部の勢力が仕掛けたものという発言に「いいね」を押している総理夫人は、今度もようもないのに首相に同行しました。秘書が5人もついていて、税金もかかっているのですから、一体、何をしてきたのか、明らかにしてほしいものです。

 明後日には参考人招致が行われますが、疑惑の中心の総理が出席しません。こんなことでお茶を濁そうとしているのでしょうか。出席を拒否し続けるということは、それだけ疑惑の闇が深いということです。

 参考人招致の後、すぐに臨時国会を開いて、徹底的に追及するべきです。安倍さんの方は内閣改造で逃げ切りを図ろうとしていますが、そんなことを許してはいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー