記事一覧

友達しか見ていない安倍政治

7月4日(火)

 昨日の安倍総理の記者会見の表情は暗かった。疲れて、気力もなく、このまま引退を表明するのではと思ったほどです。

 しかし、今日になったらまた元気を取り戻した。まさに安倍さんにとって北朝鮮は絶妙のタイミングで助け舟をだす存在のようです。

 要もないのにまたミサイルを発射し、本来なら今日も引き続き、安倍政権の敗北責任が最大のニュースだったのを、奪い、安倍総理を助けました。安倍さんもまた得意げに、さらに北の脅威が増したと、従来の強気を取り戻していました。

 一方、菅官房長官は酷いままです。昨日も記者会見で厳しく追及されると「あなたの個人的な主観に答える必要がない」と答弁を拒否しました。これまでも菅官房長官は質問に対して「答える必要がない」と答え、さらに「どうして答える必要がないのか」と問われると「必要ないものは必要ない」と木で鼻を括ったような答弁を繰り返してきました。

 およそ、記者の裏にはたくさんの読者や視聴者がいるということが全くわかっていないようです。政府に都合の悪い質問には答える必要がないという姿勢だけははっきりしています。

 菅さんは安倍さんと違って苦労人のはずです。苦労している分だけ普通、人の心が分かるのですが、菅さんに関して言えば、いい苦労をしてこなかったようです。

 安倍さんに戻ると、都議選最終日に秋葉原で応援演説し、「安倍辞めろコール」にあうと、直ぐに切れてしまい「こんな人たちに負ける訳にはいかない」と絶叫してしまいました。

 総理は全国民の総理であって、特定の人の総理ではありません。自分と主義主張が違っても全国民の総理である以上、差別をしてはいけない、ということがわかっていません。この発言について、菅官房長官は「常識的な発言」と言っていますから、いまの安倍内閣には民主主義が分かっていない人しかいないようです。

 ともかく、このまま逃げ得を許してはいけません。どうやら閉会中審査には応じる方向のようですから、その場で徹底的に追及し、退陣に追い込まなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー