記事一覧

どちらがウソを言っているか明白だ、総理は責任を取れ

6月21日(水)

 加計学園を巡って、文科省から新たな文書がでてきました。今回は萩生田官房副長官が「総理は学部の開設を18年とおしりを切っていた」という発言です。

 例によって例のごとく、安倍政権は「文科省の職員が発言の内容を混同してメモに残していたもの」、と発言をなかったことにしようとしています。

 怒った副官房長官に文科大臣が謝罪するという茶番劇までついていました。

 役人がメモを残すのは仕事です。私信ではないのですから、そこに私情などはさむ余地は全くありません。まして、発言もしていない人の発言をあったように記録する筈など絶対にありません。

 どう考えても総理の側近である萩生田副官房長官が総理の意向を受けて「加計学園の獣医学部18年開学」という主旨の発言し、文科省に圧力を掛けたことは否定のしようがありません。

 「新しい事実が出てきたら国民に丁寧に説明する」と記者会見で述べていた総理は、いつものように前言を翻して、全く説明をしようとしていません。

 これでは国民のフラストレーションがたまるばかりです。こんなことを何回も繰り返しても埒があきません。文科省の職員がウソをつく必要はありません。

 総理の側が「都合の悪い真実」を隠したがっているだけというのは、多くの国民は見抜いています。
スーパーコピー時計
ロレックス時計スーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
ルイヴィトンバッグスーパーコピー
ルイヴィトン財布スーパーコピー

 それでも、認めなければ何とかなると安倍総理側は考えているようです。ここは、きちんと証言をしている人間を呼んできて国会の場で真相を明らかにするべきです。

 そして関与していたら総理を辞めると明言していた総理は、責任をとって直ちにやめなければなりません。

 それにしても、総理を信頼して総理夫人を名誉学園長していた籠池氏は気の毒としか言いようがありません。」

 教育勅語を園児に読ませるなど、とんでもない教育をしていたのが、評価されて、小学校まで建設しようとしていたのが、突然、梯子をはずされ、今度は被告人の立場に立たされそうです。

 籠池さん、次は権力者は自分のことしか考えないということを、しっかりと教えなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー