記事一覧

安倍内閣の支持率が下がりました。もう一息で退陣に追い込めます

6月5日(月)

 JNNが今日発表した世論調査によると、加計学園問題について政府の説明に納得できないとした人が72%にも昇りました。

 これを受けて内閣支持率も10%前後動きました。支持が8.9%減って54.4%、不支持が9.3%増えて44.1%になりました。

 一昨日の日経電子版では支持率は約26%と半減したと報じられていましたから、まだJNNの数字は高いと思いますが、ともかく大きく下がったことはいいことです。

 今日は衆参で加計問題を巡って総理が入っての審議が行われました。テレビ中継を見ていて、政府側の説明に納得できないとした人がもっと増えたのではと思います。

 例によって総理は質問には全く答えず、汚いヤジは止めた方がいいという発言を何度も何度も繰り返しました。

 中継では誰がどんなヤジが飛ばしているのか音声は入りません。それをいいことに、それこそ、民進党が汚いヤジを飛ばしていることを印象づけ、合わせて、まともに質問に答えないことに利用しています。

 ことは政治が公正、公平に行われていたかどうか、というまさに政治の本質に関わることです。野党が真剣に質問していることに対し、総理や麻生大臣がにやにや、さも質問者をバカにしたように笑っている態度は許せません。

 合わせて出席している自民党議員も、野党が質問している間、さも「バカバカしい質問をしている」と言わんばかりに笑っている、これほど国民をバカにした話はありません。

 このままいくと、総理の支持がないままに周りが忖度をしてことが進んだことになりかねません。しかし、いくら官僚が人事権を持っている総理や官房長官の意向を忖度すると言っても今回のことは度を越しています。

 総理から指示がないのに、何人もの人が文科前事務次官のもとに圧力を掛けにいくはずはありません。だから、直接総理から指示を受けた大臣か官僚がいたはずです。

 また、総理や関係大臣がこれほど頑なに調査を拒否するということは、調査をしたら困るということの証明に他なりません。

 関係閣僚と官僚を証人喚問するしか事の真相を明らかにする方法はありません。そのためにはさらに支持率を下げる必要があります。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー