記事一覧

共謀罪の強行採決を許さない

ファイル 781-1.jpgファイル 781-2.jpgファイル 781-3.jpg

5月14日(日)

 総理大臣は憲法を守る義務があります。その安倍さんが憲法改正の発議権もないのに、唐突に憲法9条を2020年までに変えたいと発言しました。

 国会を軽視した明らかな越権行為であり、安倍総理の立憲主義を無視する姿勢がまたまた露呈されました。

 日本を再び戦争が出来る国にしたい、というのが安倍さんの基本的な考え方です。そのための法整備の一つとして共謀罪の設置があります。
 
 すでに、秘密保護法で、国民の知る権利が大幅に制限されました。また、憲法9条に違反する安保法も強行採決されました。そして、今度は共謀罪で、思想,信条の自由を制限しようとしています。

 政府・自民党は、共謀罪を今週中にも強行採決しようとしています。こんなことを許してはなりません。

 安倍政権の下で戦後築き上げてきた民主主義が根本から覆されようとしています。将来世代のために今こそ反対の声を上げましょう。

 本日、選挙区内をスポット遊説をして、皆さまに訴えって参りました。ご意見・ご感想を「zxe04624@nifty.ne.jp」までお寄せください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー