記事一覧

選挙公約、キャッチフレーズについてご意見を求めます

4月27日(木)

 ついにというか、やっと今村復興大臣が辞めました。当然ですが、派閥の首領である二階幹事長が、こんなことで辞めさせられてはたまらないと、マスコミ批判をしました。やはり、体質は何の変化もないということです。

 政界は「一寸先は闇」です。すぐに解散総選挙はなさそうですが、突然、解散ということになっても、なんら不思議はありません。

 私は、選挙用のポスターや公約などは、選挙直前に作るのが普通でした。その時の状況を見ないと、適切なものが作れないからです。

 しかし、今回は、自分たちだけで作るのではなく、有権者の皆様と共同で、キャッチフレーズや、公約を考えていきたいと思っています。

 まず、次の選挙の最大の焦点ですが、安倍政権をこのまま続けさせていいかという点です。政見交代が望めるのならば、それを掲げるべきですが、今の状態では、何をバカなで、かえって反発されてしまうかもしれません。

 だから、ともかく、自民党の現有議席を最大限減らすということに、全力を注ぐべきだと考えます。

 では、どんなキャッチがいいのか、あるいは、もっと大事な焦点となるような点があればご指摘いただければありがたいと思います。キャッチフレーズはポスターや公約の見出し部分に使います。

 次に公約です。安倍政権が進めてきた政策によって、様々な部分に大きな歪が生まれています。その最たるものが格差です。したがって、格差是正は入れなければいけません。

 ここで重要なのは単に反対をいうのではなく、どうしたら格差を無くすことが出来るかの具体策です。安倍政権は一応、同一労働同一賃金を打ちだしていますが、実態は程遠いものです。

 これを担保するためには法律によって、それを定めなければなりません。実施したら負担が大きくて倒産する恐れのある中小企業に対しては、税制面での優遇措置や補助金を支給する必要があります。

 また、安倍政権によって強引に進められてきた立憲主義を否定する動きをきちっと止めなければなりません。その中には憲法に違反している安保法制の廃止や、内心の自由を侵す共謀罪の廃案などを盛り込まなければなりません。

 さらに民意に反して進められてきた原発の再稼動や沖縄の辺野古基地への移転にもしっかりとノーを突きつけなければなりません。

 原発に関しては2030年代にゼロではなく、直ちにゼロと打ち出すべきです。そして大胆にエネルギーの主役を再生エネルギーにすることです。

 普天間基地の辺野古移転については、反対だけではなく、代替案として、国外移転であるグアムへの移転を進めるべきです。

 外にも公約として主張しなければならないことがあると思います。また、上記の政策についても、こうした方がいいという、ご意見が多々あると思います。連休中に皆様のお知恵を拝借できれば幸いです。宜しくお願い致します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー