記事一覧

政令市問題を考える「特別市民フォーラム」を開きました

ファイル 773-1.jpgファイル 773-2.jpg

4月24日(月)

 昨日、松戸市民劇場で鈴木康友浜松市長を迎えて「政令市移行は地域活性化の起爆剤」という演題で講演会をしました。

 鈴木市長は2000年の衆議院選挙で当選し、私と一時期、衆議院議員として一緒に活動していた仲で、今回の講演を快く引き受けてくれました。

 一人で浜松市からスーツケースを引き釣りながら来たところが、いかにも鈴木市長らしく、変わっていない姿がうれしかったです。

 日曜日にもかかわらず、たくさんの方に着て頂きました。ありがとうございます。

 私は政令市にすることが松戸や市川の活性化につながるのではないかと、思い、そういう観点から鈴木市長に話をしてもらえると思っていましたが、鈴木市長の考え方は違っていました。

 大事なのはいかに、市の権限を強めるのかということで、いまの政令市では十分ではないということでした。

戦後すぐにできた地方自治法には特別市制度が盛り込まれていました。しかし、権限を奪われると府県が反対し、1956年に地方自治法が改正され、権限移譲を弱めた形で出来たのが政令市だという話でした。

鈴木市長は、この特別視制度を復活させることが、地方分権を進める最高の手段だと訴えました。今の政令市では、依然として県の干渉があり、地方分権が思うようにすすまないということでした。

 そこで、いま全国の政令市長や国会に、特別市を復活させるように働きかけているということでした。そうすれば、特別市に権限が集まり、道州制導入への道が開かれると鈴木市長は話しました。

 また、もう一つ、私は人口を増やして200万以上の政令市にするのがインパクトがあると考えていましたが、鈴木市長は50万から100万人の人口がもっとも、市としてのまとまりが、保てるという話でした。

 ただ大きくすればいいということではないようです。

 非常に参考になる考え方でした。ともかく、意欲のある市長がリーダーシップを発揮することが、地域を元気にする一番だと、つくづく感じました。

 市民の皆様と一緒に、この問題はこれからも考えていきたいと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー